2015年09月26日

ユウ情運動会に涙



0-150926運動会
 京都市立上賀茂小学校6年生ユウさんと3年生ハヤテくんの運動会です。颯くんは名の通り俊足で颯爽としてます。

 先月末、孫ユウさんが組み体操の練習中に落下、腕を骨折してしまいました。小学校最後の運動会で組み体操の一番上に乗れることをすごく楽しみにしていたので残念です。



1-150926運動会
 それでも先生や友人の温かいご支援のおかげさまで応援団長をやらせてもらいました。低学年の頃からやりたかったことの一つが実現してほんとうによかったね。開会式でのスローガンは、元気いっぱい大きな声で立派でした。



2-150926運動会
 完治まであと3週間です。左腕はギブスで固定したままですが、できる範囲で演技に参加しました。よくがんばりましたね。



3-150926運動会

4-150926運動会
 いよいよあれほど楽しみにしていた組体操が始まりました。やっぱり悔しそうでした。立って見届けることしかできないユウさんを見ているとかわいそうでたまりません。



5-150926運動会

6-150926運動会
  ところが…、
 ユウさんを一瞬見失った後、次に目に入った姿は、先生に介助をしてもらいながら肩車をしてもらってる!?先生が全注力をユウさん向け、守ってくださっている。涙がとまりません。



7-150926運動会

8-150926運動会
 周囲の人たちから温かい心をもらい、ユウさんに笑顔が戻りました。閉会式では校長先生から応援合戦賞のトロフィーをいただき満足そうです。

 今回のケガでは痛い思いをしましたが、周囲の人たちからはたいへんな温かい心をもらったようです。

 応援団長は多くの児童がやりたくなる大役です。先生は立場上、ケガをしたからといってユウさんに役割を抜擢する訳にはいきません。

 立候補する人の作文を見て児童たちで選ぶそうです。私情を捨て無記名で書いた作文の中から票を投じるようです。

 が、児童の中から「ケガをしたユウにやらせてやろう!」という声が広まったそうです。友人たちには無記名でもどれがユウさんの作文かが判るのです。なんというありがたい友情でしょうか。

 そして、先生方も組体操の他、ユウさんに出来る範囲で数多くの出番を作ってくださいました。ほんとうに感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございます。

 皆さんからいただいた優しさを聞いていた私は、大きな応援旗を片腕で支えて入場するユウさんをひと目見て、もう涙が止まりません。涙を隠すためにかけてきたサングラスは、曇りっぱなしでした。 

 多くの皆さんからいただいた「人が人を大切に思う温かい心」は、これからのユウさんの人生にずっと残っていくことでしょう。そして、周囲の人立ちに精一杯優しくできる人になれるでしょう。



9-150926運動会
 ユウさんの友情運動会…、みなさんほんとうにありがとうございました。心から感謝申し上げます。






susumukobori at 22:46|PermalinkComments(1)TrackBack(0)clip!

2015年09月16日

孫からの激励

1-メイさんの新体操

2-メイさんの新体操

3-メイさんの新体操

4-メイさんの新体操

5-メイさんの新体操

6-メイさんの新体操
7-メイさんの新体操

8-メイさんの新体操

 メイさんの夏の新体操
 お疲れ様でした。

 あっという間に今年もあと3カ月
 年齢とともに時間が加速する。

 1月の経営計画発表会で決意した熱い思い
 あなたのその熱は冷めてませんか?

 モチベーションの持続は、
 なかなかむつかしいことです。

 いいときもあればよくないときもある。
 ちょっとしたことで一喜一憂

 毎日仕事をしていると必ずあります。
 嬉しいこともあれば、辛いこと、悔しいこと、腹立たしいこと、悲しいこと…、
 飲みすぎて酔いつぶれることもあります。

 そんな時…
 たった一人でも共感してくれる人がいると元気が出てくる。
 お客様の“ありがとう”のひと言で勇気が湧いてくる。

 そして一番の励みは…
 愛おしい孫のがんばる姿です。

 メイさん、ありがとう!
 爺もまだまだがんばります。


susumukobori at 22:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2015年09月13日

奥さんの誕生日会

1-150912奥さんの誕生日
 昨日は奥さんの誕生日

 忙しい中を孫たちが祝ってくれました。

 遅めにスタートしたお祝いの食事会で…、



2-150912奥さんの誕生日

3-150912奥さんの誕生日
 孫たちから手渡されたプレゼントを開くと

 中から一冊の小さな本が…

 手作りの写真入りのその本のタイトルは

 『伊勢旅行』



4-150912奥さんの誕生日

5-150912奥さんの誕生日
 夏休みに一緒に行った旅行の思い出を
 
 皆が力を合わせて作ってくれました。

 三人の孫たちから婆爺へ

 それぞれが感謝のメッセージを

 心豊かに言い表してくれている。

 横から覗き込んでいると、

 思わず喜びの涙がにじみ出てしまう。

 食事に集中するふりで抑えても

 そんな姿を見抜いてしまうほど

 人を大切に思う子に成長してくれました。



6-150912奥さんの誕生日
 パパ(婿さん)のお母さんからも

 立派なお花を贈っていただきました。

 いつも互いに誕生日のプレゼントを贈ってます。

 いくつになっても嬉しいことと喜んでいます。



 あんなに小さかった孫たちが

 年老いていく私たちに精一杯の優しさをプレゼントしてくれる。

 孫たちの成長を感じることができる

 巣晴らしい誕生日の祝宴でした。

 芽生さん、侑生さん、颯くん…

 そしてパパ&ママ

 ありがとう!こころから感謝です!!

susumukobori at 13:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2015年09月07日

孫の新体操一筋

 こんにちわ!お仏壇ものがたりの小堀です。

 博多へ移動中の新幹線でこのブログを書いてます。山陽新幹線はインターネットがつながりにくいですね。同じように不便さにストレスを感じてるビジネスマンも多くおられると思います。身体によくないですよね(笑)

 昨日は孫メイさんの新体操でした。あんなに小さかったメイさんが華麗で大きく頼もしく見えます。孫の成長を目にすることは何よりもの喜びです。

 北区制60周年記念分化フェスティバル「北区民ふれあい発表会」に出演しました。会場は北大路ビブレにある「京都市北文化会館」です。

2-150906北区民ふれあい発表会

0-メイさんの新体操

 試合ではなく演技発表会ですので、それほど緊張することもなくゆったりとした気分で見ることができます。

 うちの奥さんは、下の孫をあずからなければならないということもあるのですが、試合の緊張感にはとても耐えられないといい、競技大会などの観戦には行きません。

 お仏壇の前でただ事故ケガがないことを願い手を合わせています。そして娘からのラインでの報告に一喜一憂しているのです。

 メイさんは小学校2年生のときに自分から新体操をやりたいといい、Team Kaida RGに所属させてもらい、以来新体操一筋です。

 尊敬できる指導者や先輩、苦楽をわかちあえる友人にめぐりあえ、ありがたいことです。これからの人生で、しんどい選択に迫られる場面もあるでしょうが、全力で新体操に取り組んだことが心の支えになることでしょう。

 孫のチャレンジはまだまだ続きます。爺婆もずっと応援しますからね。


susumukobori at 16:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2015年08月31日

つらい孫の事故

1-20150831_073827

2-20150831_073542

今、京仏具(株)小堀福岡店近くのビジネスホテルでこのブログを書います。

今朝の賀茂川、愛犬ゴンタくんは、あいかわらず元気です!


が、その直後に悲しいニュースが…、

2番目の孫ユウさんが骨折してしまいました。

運動会組体操練習中での事故です。

泣きながらも激しい痛みに耐え病院での治療に頑張ったという。

孫の事故やケガほどつらいものありません。

ユウさんがず〜っと楽しみにしていた運動会の組体操にも出られなくなったこと…

このこともまた可愛そうでたまりません。

担任の先生をはじめ多くの先生や友人と友人のお母さん方、多くの皆さんがお見舞いにかけつけてくれました。

そして今、聞きました。

骨折したユウさんのために、運動会では特別に出番を考えてくださるという。

友人が、ユウさんにも出てもらいたいと懇願してくれたとか…

もう涙がとまりません。

感謝しなければなりません。

つらい思いをしたユウさん…、

ケガの痛みは大きすぎましたが、

いただいたヒトの温もりは得がたいものですね。

きっとこれからの人生で、

大きな優しを届けることができるヒトになれるでしょう。



ところで、

電話できいた話ですが…

お見舞いにきてくださった先生のあまりにも落ち込む姿を見たユウさんが、

“先生がんばってね!”と、励ましていたとか…

いつも明るく笑顔がたえないユウさんらしいヒトコマを聴き、ほっとしたところです。

ご心配いただいた皆さん、ほんとうにありがとうございます。



susumukobori at 22:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2015年08月17日

孫との笑顔伊勢志摩旅行

 夏休みは毎日新体操の練習が続く孫メイさんに思わずお休みでき、娘が旅行に誘ってくれました。
 8月15日~16日、お盆休みの真っ只中ですが、急きょホテルの予約もとってくれました。

1-おかげ横丁

2-団扇絵付け体験

3-おかげ横丁
 おかげ横丁で扇子に絵付けの体験です。娘も小さい頃は好きでしたが、母親の体験好きは三人の子どもたちに受け継がれてます。



4-志摩スペイン村

5-サンタクルス通り

6-サンタクルス通り
 志摩スペイン村です。スペインらしい町並のサンタクルス通り…、白壁に花や絵皿が飾られた家々。門を開けて入ってみたくなります。


7-ローマの遺跡

8-ハビエル城博物館

9-ハビエル城博物館
ローマの遺跡とハビエル城博物館、大人も子どもも、孫も祖父母も充分に楽しめます。宣教師フランシスコ・ザビエルの生家を復元したそうです。



10-フラメンコショー

11-パレード

12-花火とプロジェクションマッピング
 フラメンコショー、孫ゆうさんもレッスンを受けてます。パレード、プロジェクション・マッピングと壮大な花火は圧巻でした。



13-シベレス広場

14-マヨール広場

15-三世代が一緒に楽しめる志摩スペイン村
 シべレス広場〜マヨール広場、日が落ちると一層きれいです。

 孫三人そろって一緒に旅行に行けるなんてことは最初で最後かもしれません。今日は新体操で忙しいメイさんも一緒にいる。姉妹弟の笑顔がたえない。家族がひとつになれてる喜びを噛みしめているかのようです。

 伊勢神宮おかげ横丁==ホテル近鉄アクアヴィラ伊勢志摩泊==志摩マリンランド==伊勢志摩スペイン村 

 祖父母には体力限界に近い充実スケジュールですが、二日間最愛の孫たちと一緒に過ごせることは何にも代えがたい喜びです。

 メイさんとユウさんは最高時速100劼里屬蕾爾り式ジェットコースターに何度も乗ってました。私も孫が楽しむそばにいたくてチャレンジしました。急こう配を上っていくと二人の孫娘から“ジ〜ジ大丈夫?ガンバッテ〜!”と励ましてくれる。

 いつのまにやら孫たちが人に優しくできる良い子に育ってくれました。ありがとう!感謝です。

susumukobori at 23:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2015年07月26日

孫の新体操

1-150726京都ジュニア新体操選手権大会
 向日市民体育館、今年もまた孫メイさんの夏の戦が続きます。今日の京都は36度の猛暑日、体育館の中はじっとしているだけで汗でぐっしょりです。選手のみなさんは相当体力を消耗することでしょう。



2-150726京都ジュニア新体操選手権大会

3-150726京都ジュニア新体操選手権大会
 京都ジュニア新体操選手権大会決勝、ボールとクラブです。2カ月半ぶりの応援です。久しぶりに見る演技は実に伸び伸びとダイナミックです。スピード感、躍動感にあふれていました。

 メイさん、やりました!「近畿ジュニア新体操選手権大会個人」の出場が決まりました。おめでとう!日々の練習成果ですね。そして、近畿大会に向けてこれからさらに厳しい練習が続くでしょう。

 試合や練習が休みなく続く忙しい夏休みですが、本人はもっともっとがんばりたいといってるそうです。スキ間を予定で埋め尽くさないと気が済まない私のスケジュール帳とおんなじ…、遺伝かな。

 近くにいてもなかなか会えなくなりましたが、爺はメイさんの前進を念じ心から応援を続けますよ。

 さて、来月のグーグルカレンダー…、そろそろ予定がいっぱいです。(笑)



susumukobori at 20:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2015年07月12日

猛暑の賀茂川・高野川ウォーク

1-150712 賀茂川〜高野川ウォーク ゴンタ君の出会い

2-150712 賀茂川〜高野川ウォーク ゴンタ君の出会い
 後から自転車でチャリンチャリン♪、振り向くと孫のメイさんが今から新体操の練習です。その後、朝ランでも会えゴンタくんも大喜びです。もちろん私も大喜び!



3-150712 賀茂川〜高野川ウォーク ゴンタ君の出会い

4-150712 賀茂川〜高野川ウォーク ゴンタ君の出会い
 ゴンタくんも朝ラン、その後は一目散に賀茂川へ入っていかはります。



5-150712 賀茂川〜高野川ウォーク ゴンタ君の出会い
6-150712 賀茂川〜高野川ウォーク ゴンタ君の出会い
 出町柳の飛び石で、幼い女の子がリードを持たせてといい、ゴンくんと仲良くしてくれます。可愛いですね〜



7-150712 賀茂川〜高野川ウォーク ゴンタ君の出会い

8-150712 賀茂川〜高野川ウォーク ゴンタ君の出会い
 高野川を北上します。高野橋南で消防訓練…、猛暑の中ごくろうさまです。



9-150712 賀茂川〜高野川ウォーク ゴンタ君の出会い

10-150712 賀茂川〜高野川ウォーク ゴンタ君の出会い
 小鹿に遭遇です。見詰め合うものの互いに無反応です。最近は鹿が市中にまで出てきます。生態系の異変でしょうか…



11-150712 賀茂川〜高野川ウォーク ゴンタ君の出会い
 大好きな本格的な夏ももうすぐです。


 賀茂川〜高野川ウォーク 02:24:56 9.31km 13686歩 464kcal ‪#‎SmartTraining

 暑い夏が大好きです。吹き出る汗、たまらなく爽快です。ついつい時間を忘れてしまいます。ゴンタくんとでかけるといつまでたっても帰ってこない。奥さんも呆れ顔です。


 猛暑日の昨日今日、大勢の人が熱中症で病院に運び込まれています。長時間歩いていると、「ちょっと長いですよ」と奥さんからラインが入ってきます。気がつけば2時間半も歩いている。


 ワーカーホリックではなくウォーカーホリックの私には、朝ウォークが最良のストレス発散法です。この頃は腰痛もなく元気で歩けることを喜ばないと…、ありがたいことです。


susumukobori at 13:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2015年07月09日

感謝の誕生日

感謝の誕生日
 昨日、誕生日の朝も変わりなくゴンタくんと賀茂川ウォークでした。一生涯のウォーキング相棒、これからもヨロシクです。

 出張と外出が続き久しぶりの出社…、サプライズに驚きました。会社に立派なお花が届いています。アプリさんありがとうございます。


 フェイスブックでは、多くの皆さんから誕生日のお祝いをいただき心から感謝申し上げます。

 元旦に本山御影堂で親鸞聖人に手を合わせて決意した今年の熱い思い。半年経った今、ぬるま湯です。反省です。誕生日に思いを強め希望をもって前進します。

 なでしこ宮間選手の言葉に心が震えました。「サッカーの神様が優勝はまだ早い、もっとがんばってからだ」と励みをもらったようです。

 「人生における苦しみはすべて如来の激励である」曽我量深先生の言葉に通じるではありませんか。

 皆さん、どうぞこれからもよろしくお願いいたします。



感謝の誕生日

感謝の誕生日
 夜、孫たちがお祝いに駆けつけてくれました。
 
 お揃いではなく別々に来てくれたのですが、それでも忙しい中を夫々が手紙を書いて持ってきてくれました。

 次女のユウさんは眠い目をこすりながらも来てくれ、ほんとうにありがとう。

 末っ子のハヤテくん、「お手紙、読んでいい?」、封を開けると空っぽです。(笑)

 入れるのを忘れたんですって。いいんですよ、一生けんめいに書いてくれたというだけで嬉しかったですよ。

 でも最後に夜遅くに来てくれたメイさんが持ってきてくれました。私よりもきれいな字で“じ〜じ大好き!”と書いてくれている。(涙)

 プレゼントは三人の孫の写真が印刷されたマグカップです。会社のデスクでペン立てに使いますよ。

 孫たちは、祖父母の喜ぶ姿を思い浮かべ一生けんめいに工夫をしてくれる。

 老いる自分を寂しく感じることもあるのですが、そんな孫の成長に目を細めてしまいます。
 


susumukobori at 22:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2015年05月24日

孫さんから孫へのメッセージ

メイさん東京へ 全日本新体操ユースチャンピオンシップ
 5月21日から4日間、孫のメイさんは東京です。
 SASAKI CUP第13回全日本新体操ユースチャンピオンシップ新体操団体選手権に出場でした。



アビーロード  全日本新体操ユースチャンピオンシップ
 ビートルズ アビーロードの写真みたいですね。会場は東京体育館です。



メイさん東京へ 全日本新体操ユースチャンピオンシップ

メイさん東京へ 全日本新体操ユースチャンピオンシップ
 出場選手は中学2年生から高校3年生の287名…、中2のメイさんには、いい経験ができましたね。


 ソフトバンクの孫(そん)さんのフェイスブックタイムラインにあったメッセージが思い浮かびました。孫(マゴ)メイさんのがんばる姿と重なってしまいます。

 ・夢さえあれば朝起きるのが楽しい。
 ・諦めてはならない。その時点で成長は止まる。
 ・坂道は、いかに苦しくても登っている時が一番楽しい。
 ・夢に向かって挑戦し続けている時、人は人生を楽しめる。
 ・挑戦出来るテーマがある限り、その人生はエキサイティングだ。
 ・願い続ける事。考え続ける事。努力し続ける事。そうすれば必ず報われる。
 ・己の限界は己のあきらめ心が決めてしまうものである。あきらめない限りそこに限界はない。

 孫(そん)さんから孫(マゴ)へのメッセージにさせてもらえれば嬉しいことです。


 メイさんの常に現状より高い目標に向かってチャレンジする姿に感動し、爺は励みをもらってます。

 だんだんとメイさんの傍に近づくことはできないけれど、遠くから婆と一緒に精一杯こころからの応援をしていますよ。そして爺も強い思いを持ち続けてVISIONにチャレンジします。

 今頃は帰りの新幹線でしょう。お疲れ様でした。今日は早く休んでくださいね。


 PS; つきっきりでお世話をいただきましたTeamKaidaRGのコーチに衷心より感謝申し上げます。




susumukobori at 21:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2015年05月17日

彼女に会いたい

孫

孫

孫

孫

孫のメイさんとしばらくお会いしてない。逢いたい病です。(笑)

中学2年生です。学校から帰ると夜9時まで新体操の練習です。
晩ごはんは9時半から、そのあと勉強と新体操のレポートがあります。
休日もしばしば明け方から競技大会に出かけます。

幼い頃、
家の近くの公園で遊んだり…
イオンの遊技場でゲームをしたり…
大好きなアイスクリームを一緒に食べたり…
ついこの前までの、しょっちゅうご一緒した頃が懐かしい。

娘が爺婆の思いを察し何かある毎に写真や動画をラインで送ってくれます。通知音に心が躍ります。

成長とともに毎日が忙しく会うことはできないのですが、いつも遠くから精一杯の応援をしてます。

孫成長の喜びと爺老化の寂しさ…、これでいいのです。幸せなことです。
メイさん、ユウさん、ハヤテくん…、いつもありがとネ!



susumukobori at 08:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2015年04月26日

孫のチャレンジに思う

1-150426新体操ラピュタ

2-150426新体操ラピュタ

3-150426新体操ラピュタ

4-150426新体操ラピュタ

 兵庫県立総合体育館「ラピュタ」、孫メイさんの新体操の応援です。

 中学2年生になると演技の難易度が上り、今年もまた新たな挑戦です。繰り返し練習を重ね技術が積み上がっていきます。

 ゴールデンウィークも春季競技会が続き休みなしです。そして秋季には一段とレベルが上り、私たち素人目にも成長がはっきりと見えます。

 寝ても覚めても夢に向かって挑戦し続けるとき、人はいかに苦しくても人生を楽しめる。

 「これでいいと思ったとその一瞬からすでに退歩が始まっている」、父もよくいってました。

 技を極める職人さんもまた同じです。出来栄えに感心しても「まだまだですよ。一生勉強です…」と答える。

 表彰台に上がるメイさんの姿に拍手を送ると「じ〜じ、まだまだなの」と、メイさんもまた職人さんと同じことをいう。

 メイさんは今、キャプテンを務めています。西岡常一さんがいいます、「未熟なうちに任せる〜人を育てる極意とは」「任せる時が遅かったら人は腐るで」。

 「責任が人を育て立場が人を作る。難しいのが任せるタイミングです。その人が完成してから任せるのでは遅過ぎる。未熟なうちに任せなければならない。」、コーチに感謝です。

 メイさんに「キャプテン、たいへんやね」って声をかえると、「ぜんぜんたいへんなことないよ」と返ってくる。たくましい。

 「未熟だから成長できる」はよく聞く言葉です。では、どうすれば未熟を自覚し、同じ情熱や気力・モチベーションを持ち続けることができるのか。

 その答えは「ビジョン」です。現状維持は退歩の始まり。高いビジョンを持ち、思いを強く持つこと。信念をもってチャレンジすること。

 そして、そのチャレンジする姿を応援し、支えてくれる周囲の人々への感謝を忘れてはなりません。コーチ、家族、友達、学校の先生…

 孫正義さんでさえも今はまだ、ビジョンに向かいチャレンジ中といいます。

 私も、孫(まご)と孫(そん)さんに倣い、そんなビジョンをつくっているところです。

 50才以上も年下の彼女に勇気と励みをもらう…。メイさんありがとう!爺も頑張るね。

susumukobori at 22:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2015年03月28日

愛孫愛犬

1-愛孫愛犬の激励

2-愛孫愛犬の激励

3-愛孫愛犬の激励

4-愛孫愛犬の激励
 なからぎの道のしだれ桜が咲き始めました。

 無償の愛をくれるゴンタくんとの一日の始まり。

 “今日はウォーキングやめようかな”と迷うだるい朝…

 “がんばろうよ!”と視線を合わせ、無言て励ましてくれる。

 1時間の賀茂川ーウォーックから戻ると心身すっきり。

 萎えた気持ちをふるい立たせてくれる一生涯の相棒です。



5-愛孫愛犬の激励

6-愛孫愛犬の激励

7-愛孫愛犬の激励
 午後は、孫Meiさんの新体操応援に舞洲アリーナ『Kinki Rhythmic Gymnastics Final in 舞洲』へ。

 1分半程の演技のために、繰り返し繰り返し練習をする。これでもかというくらいに反復練習をする。

 会場では傍によって話しかけることもできません。遠く観客席から観るだけ…。それでも、けん命に突き進もうとする姿に涙があふれます。

 毎日の厳しい練習…、周囲の心配をよそに本人は楽しいという。人は夢に向かってチャレンジしてるときは疲れを感じません。、

 自分のビジネスはここまで真剣に練習をしているだろうか。勝手に限界を感じあきらめていないだろうか。

 Meiさんの新体操を観て、自分ももっともっと熱を上げないと。励みと勇気をもらっています。

 明日からまた練習、そして合宿…。夢に向かって挑戦しましょう。爺もビジョンに向かって努力を続けます。



susumukobori at 19:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2015年03月22日

新体操 SHOIN Cup2015

 孫Meiさんの新体操…、3カ月ぶりの応援です。


1-新体操ShoinCup
 東大阪にある樟蔭学園は真新しい体育館がたいへん立派です。



2-新体操ShoinCup

3-新体操ShoinCup
 先ずはフープの競技です。



4-新体操ShoinCup

5-新体操ShoinCup
 ロープです。


 競技を見るのは久しぶりです。躍動感あふれる演技にも安定感がでてきました。難易度も上がってます。毎日のハードな練習の成果です。

 4日間の競技中は、未明からの移動と心身張りつめた状況が続くことでしょう。そしてまた、次の競技に向けた練習が続きます。

 Meiさんが新体操を始めて5年…、あっというまです。練習や競技で忙しく、ゆっくり一緒に過ごせる時間がなくなってしまいましたが、これも成長の証です。

 大きなケガや病気もなく夢に向かって元気でチャレンジできる状況が続いていることに感謝しなければなりません。
 
 Meiさんの輝きを念じます。爺


susumukobori at 22:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2015年01月25日

ゆうさんのダンス

孫ゆうさん、ダンス発表会でした。
北大路ビブレの北文化会館です。
リズムにのって楽しんでます。

1-150125孫ゆうさんのダンス

2-150125孫ゆうさんのダンス

3-150125孫ゆうさんのダンス

4-150125孫ゆうさんのダンス

5-150125孫ゆうさんのダンス

6-150125孫ゆうさんのダンス

7-150125孫ゆうさんのダンス

 ゆうさんもあっという間に5年生です。
 明るくて元気でひょうきんなゆうさん…
 ダンスが終わった後もず〜っとこの衣装のまま。

 “着替えなくていいの?恥ずかしくない?”
 “べつに!”(笑)
 本屋さんも、晩ごはんも…、このまんまです。

 仲良し姉妹の孫…、一緒にいるときが最高の幸せです。
 めいさん、ゆうさん、ありがとう!


susumukobori at 21:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2015年01月18日

孫の十三まいり

1-150118孫の十三まいり

2-150118孫の十三まいり

3-150118孫の十三まいり
 孫のMeiさんの十三まいりです。

 嵐山法輪寺さん御本尊虚空蔵菩薩にお詣りすると感無量…、胸が熱くなりました。

 誕生から今日までがあっという間です。

 次の12年一回りはさらに加速するのでしょう。



4-150118孫の十三まいり

5-150118孫の十三まいり

6-150118孫の十三まいり
 Meiさんは…

 「今まで13年間育ててくれてありがとう。これからも宜しくお願いします。」

 きちんと親(娘)に感謝の言葉を伝えました。

 娘のフェイスブックを見て知り、涙しました。

 孫の成長を喜び、老いる自分を寂しく感じる…

 それでいいんです。

 Meiさんの幸せを心から念じます。


susumukobori at 22:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2014年12月23日

色鮮やか!新体操発表会 

 孫のMeiさんが所属する新体操チームの発表会、京都こども文化会館エンゼルハウスです。
 小学校2年生のとき、自分から新体操をやりたいと言いだしたのですが…、
 人生にこれほど一途に取り組めることがあるというのは幸せななことかもしれません。


1-141223新体操発表会
 チームでは、幼い子のお世話をする立場になっています。



2-141223新体操発表会のコピー

3-141223新体操発表会のコピー
 いきなりソロでの登場…、本人よりも緊張してしまいます。見る度の成長ぶりに感動で胸が踊ります。



4-141223新体操発表会

5-141223新体操発表会

6-141223新体操発表会
 団体での演技…、軽快に回るフープ、皆の呼吸がひとつになる。練習の成果です。



7-141223新体操発表会
 ステージは、ふだんの試合にはない鮮やかな照明が見事です。選手たちが一層耀いて見えます。
 競技大会と比べると張り裂けるような緊張感がなく皆が演技を楽しんでいるようでした。
 しかし、そんな状況にあっても、自ら集中力を高めることが大切なのでしょう。


 小学校5年生の頃、選手コースに進むかどうかの決断のとき、親や周囲の人が迷いました。
 毎日厳しい練習が続いて連休も夏休みも無くなります。家族との旅行も行けなくなります。

 細い身体で体力が続くだろうか…
 スランプで心が折れることがないだろうか…
 塾に行く時間なくなるが勉強についていけるだろうか…

 そんな親たちの心配をよそに…
 “私には選手コースに行く以外の選択肢はないの!”と迷うことなく自分で決断してしまう。

 これからの長い人生で、厳しい選択をしなければならないこともあるかもしれません。さらには挫折を味合うようなこともあるかもしれません。

 しかし、選手たちにはそれを乗り越えていくたくましくさがあります。
 孫の成長ぶりを見て喜び、老いていく自分にも励みをもらってます。

 Meiさんの晩ごはんは、ふだんは9時半頃から…、妹や弟は寝てしまってます。たまに夕食を一緒できるときにはその喜びを家族皆が深めあっています。兄弟が仲良くなり、家族の愛が育まれていくんですね。

 Meiさん、今年も一年おつかれさまでした。ありがとう!


susumukobori at 23:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2014年11月16日

母と曾孫

 今日は、向日市市民体育館で孫のメイさんの第2回京都新体操クラブ選手権でした。

1-141116メイさんの新体操

2-141116メイさんの新体操

3-141116メイさんの新体操
 夜、母の家で今日の競技のビデオ視聴です。娘がセットしてくれました。

 母は、

 テレビの前に正座…
 両手は力強く合掌…

 日本人の態度です。特別なとき、大切なとき、私たちも無意識にこんな姿になっています。

 そして母は、まるで今会場にいるかのように大きな声を上げて応援してくれます。



4-141116メイさんの新体操

5-141116メイさんの新体操

6-141116メイさんの新体操
 メイさんは3位でした。おめでとう!
 表彰台に立ってメタルをかけてもらうシーンに、母は精一杯の拍手をしてくれる。涙して喜んでくれる。

 12歳の曾孫が91才の曾祖母に大きな感動を届けてくれる。
 母の体調はいたって元気ですが、このところ認知の状態も良好です。
 自然治癒というのがあるのではと思う程しっかりとした受け応えをしてくれます。

 Meiさんは毎晩練習で母とはなかなか会うことができませんが、ビデオで観る曾孫の頑張る姿…、その存在は大きい。

 母が喜ぶ姿に、母の後ろに座る皆の顔が笑顔になれる。
 Meiさんありがとう。あなたの頑張りのおかげさまです。爺婆は心から感謝します。
  

susumukobori at 21:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2014年11月12日

生きる覚悟

1-141112死ぬ用意、生きる覚悟
 母の病院、私の定期検診…、今日は病院三昧です。

 頭に湿疹ができたため、母の髪は私の奥さんが短くカットしてくれました。

 91才です。

 長生きしてください。



2-141112死ぬ用意、生きる覚悟
 数日前のことです。

 孫のメイさんとユウさん、20年後は32歳と30歳です。

 “爺は85才か〜、がんばって生きないとあかんね”というと、

 メイさんが、“ぜったいに生きてよ。曾孫を見せてあげるから…、生きてね”といってくれる。

 長生きします。



 金子大栄先生の「歎異抄」、仏教の人生観を読み返しました。
 生死(しょうじ)無常、人間はこの世の中に生まれ、やがて死なねばならない。

 『お釈迦さまがお弟子にたちに「人命幾許ぞ」人間の命はどれくらいの間かとお尋ねになしましたら、一人の弟子が「数日の間にあり」こうやって元気にしているけれど、5〜6日を保証できない身である、と答えました。するとお釈迦さまは、「汝未だ道を知らず」と仰せられた。
 第二の弟子が、「今日一日の間にあり」朝に紅顔あって夕に白骨となるということがあるから、一日を保証できない身である、という。それに対しても「汝未だ道を知らず」と仰せられた。
 そこで第三の弟子は、「呼吸の間にあり」吐く息は入る息をまたない、それが人間の命の危さである、といったときに、「汝よく道を知れり」といわれたということであります。』

 『人間にとっては、いつ死んでもよいという覚悟も大事であるが、いつまで生きていてもよいという用意も大事である。いつ死んでもよいという覚悟はまだできませんけれども、いつまで生きておってもよいという用意なら、とうにできております。人間の苦悩を経験しない人はこんな呑気なことをいうのです。
 本当に人間苦というものを経験すれば、死んでゆく覚悟よりももっと難しいことは、どんな状態にあろうとも生きてゆくことである…
 人間は、いつ死んでもよいという用意も大事であるが、どんな状態の中にあっても生きてゆくという覚悟も大事である。こういいなおした方が、今の私にはいいようであります。
 いつ死んでもよいという用意はしております。けれども、やはり覚悟はできませんなあ…。覚悟は容易にできない、けれども用意はできます。』


 おかげさまで母親は元気です。この頃は認知の状態もよくしっかり話してくれます。どんな状態であろうとも生きてゆく…、まだまだ長生きしてください。

 爺もどんな状態であろうとも生きてゆくよ…、曾孫を楽しみにしてますね。メイさん、ありがとう。
 


susumukobori at 19:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2014年11月02日

母と孫の誕生日 家庭内愛情教育

 昨日11月1日は、母と孫の誕生日でした。
 母91歳の誕生日、隣に住む孫Hayateくんは8歳です。
 娘の家でごちそうになりました。


1-141101母と孫の誕生日
 私の妻からのプレゼント、カーディガンを手に“もったいない”という。

 父のシベリア抑留時代に一家を守り、戦後商店の再スタートも父を支え続けてきた人生です。戦中戦後の厳しい時代を生き抜いた母にはまだまだ長生きいしてもらわなければなりません。




2-141101母と孫の誕生日
 Hayateくんに二人のお姉さんからプレゼントです。ワクワクしながらプレゼントを開ける…、二人の姉は満面の笑みで見守る。新体操で時間がない中、素晴らしい兄弟愛に感動しました。



3-141101母と孫の誕生日
 娘も、子どもたちのリクエストに応え、二段のチョコレートケーキを作りました。子どもたちのお弁当、行事の送り迎えや世話など、忙しい中をよく頑張ってます。

 そんな母親の姿を見て子どもたちは人に優しくできるように育つのでしょう。
 『人に優しくしてもらいたかったら自分から人に優しくする。』、そういうことです。
 
 私の妻が子どもたちに尽くしてきた姿と同じです。自分のいのちよりも子を思う母の心…、そんなDNAの伝承を感じたシーンでした。

 妻、娘とムコさんには、毎日母の世話をしてくれて感謝です。そんな姿を見る幼い孫たちの目には、きっとかえがたい家庭内愛情教育の場になっているに違いありません。ありがたいことです。

 


susumukobori at 13:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!