2017年01月02日

正月の家庭行事

 2017年、新年明けましておめでとうございます。

 例年ならウォーキングで始まる元旦の朝ですが、ゴンタくん!もう少し待っててね。

1-170101お正月の行事
 暮に退院で今年はお節もあきらめかけていました。ところが、年末の忙しい中を妻が家族のために深夜まで心をこめて手作りしてくれました。ひたすら、子や孫が喜ぶシーンを思い浮かべてつくる母の心です。利他の精神にただただ頭が下がります。

 今、日本家庭の伝統行事は減少傾向で寂しい限りです。正月のお節に始まり、桃の節句、お彼岸お盆の行事などなど。

 理由のひとつに家族のカタチが変わったということがあります。標準世帯という言葉が消え、最多は高齢者単独世帯。家には伝統行事に詳しかった祖父母もいない。伝統行事なんてお金もかかるしめんどくさい。

 一方では、ハロウィン、クリスマス、バレンタインに恵方巻き…、商業ベースにあおられて若い人たちが盛り上がる姿にどうもなじめません。きっと年寄り扱いされてさらに寂しさを感じることになるのでしょう。

2-170101お正月の行事

3-170101お正月の行事
 父のお墓詣りです。親鸞聖人御荼毘所がある延仁寺さん。墓石を磨き、お花を立て、お線香をあげる。手入れと準備をしているうちに厳粛な気持ちになれます。

4-170101お正月の行事
 真宗本廟 東本願寺さんに初詣です。昨年10月に御影堂門菱灯籠の修復が完成、納入させていただきました。

5-170101お正月の行事

6-170101お正月の行事
 参拝接待所ギャラリーで「真宗本廟両堂等御修復展」が開催中、50年前の修理の様子に父の姿があります。昭和の修復から今回の平成修復へ、宮殿を分解するときはまるで明治宮殿師との智恵比べ。当社宮殿師が鋭い感覚で構造を解明してくれ無事修復が完成しました。

7-170102お正月の行事

8-170102お正月の行事

9-170102お正月の行事
 そして今日、最愛の孫たちに囲まれて…、ゴンタくんも庭でサッカーに興じ幸せです。そして、妻の両親、妹のお墓参りへ…、皆が静かに手を合わせてくれます。

 おかげさまで元気にいつものお正月の行事を迎えることができお世話になった皆さんに心から感謝いたします。

 医師からはあまり人の多いところは避けてくださいといわてますが、東本願寺さんではそれほど混雑もなく心静かにお詣りできます。

 “また来年も同じお正月の家庭行事が迎えられるよう、健康復活に向けもう少し治療に励みます。御影堂で親鸞聖人に手を合わせ、南無阿弥陀仏 合掌。

 本年もどうぞよろしくお願いします。


susumukobori at 19:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2016年12月24日

涙の新体操 孫に感謝

 昨日は、孫メイさんが所属するTeamKaida新体操の発表会でした。小学校2年のときに自身の意思で新体操を始め、あっという間に中学3年生です。年1回、毎年12月「京都こども文化会館エンゼルハウス」で開催されますが、最後の出場です。

 今日は競技試合のような胸が裂けるほどの緊張感もなく、平穏な気持ちで応援できますが、選手たちは企画・準備・練習と、たいへんです。

 入院中の私は、医師から外出許可がおり観ることができ喜んでいます。ずっと楽しみにしていたので、もう開演前から涙が止まりません。

 新体操は、練習では何回も何回も繰り返しミスなく完璧であっても、試合で結果がだせないこともあります。涙する少女を見て“がんばって!”と、無言の声をかけたものでした。

 挫折を味合うようなことや気持ちが折れそうになっても、再び立ち直っては夢に向かって挑戦する。厳しい練習に弱音をはくこともなく、一緒にここまでがんばってきた、かけがいのない仲良しチームメンバーとの最後の演技です。

 「練習で勉強する時間もない?」、ちがいます。この子たちは結果を出してます。時間がないからこそ限られた勉強時間にも最大の集中力で取り組みます。



 孫正義さんの言葉を思い出します。

 己の限界は、己のあきらめ心が決めてしまうものである。あきらめない限り、そこに限界はない。

 人生には運も不運もある。運に頼ってはならない。不運を言い訳にしてはならない。

 何かに向かって突き進む時、だいたい風は向い風になる。その風を嘆く必要はない。ただ単に倍の力で進めば良い。

 挑戦出来るテーマがある限り、その人生はエキサイティングだ。

 夢さえあれば朝起きるのが楽しい。



 まるで孫さんの言葉を実践するかのような孫メイさんから、大きな感動をもらいました。

 孫の成長に涙し老いる自分に寂しさを感じながら…、どれほどたくさんの勇気と励みもらったことか。

 長い人生で「どう生きていくか」、厳しい選択をしなければならないこともあるでしょう。

 しかし、共に涙したこの仲間たちには選んだ道を極める力がある。この先も未来に向かって活き活きと進んでください。

 私も、明るく前を向いて治療に励み、必ずや復活に向かいます。

 メイさん“また大きな力をもらったよ!ありがとう。”、爺の心の声は届いたかな。


1-161223Kaida第6回発表会

2-161223Kaida第6回発表会

3-161223Kaida第6回発表会

4-161223Kaida第6回発表会

5-161223Kaida第6回発表会

6-161223Kaida第6回発表会

7-161223Kaida第6回発表会

8-161223Kaida第6回発表会

9-161223Kaida第6回発表会

10-161223Kaida第6回発表会

11-161223Kaida第6回発表会




susumukobori at 13:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2016年09月18日

新体操道を突き進む

 孫メイさんの新体操の応援に行ってきました。第31回COMODOL、兵庫県立総合体育館です。今日は競技でなく発表会ですのでおおらかな気分で観戦できます。

 小学校2年生のときに自分の意思でやりたいと言い出して始めた新体操ですが、ここまで一生けん命に取り組むとは想像できませんでした。この道を迷いなく突き進んでいく。そんな強い意思が感じられる毎日です。そうです、「道」なんですね。


1-160918ブログ 第31回COMODOL兵庫県立総合体育館

2-160918ブログ 第31回COMODOL兵庫県立総合体育館

3-160918ブログ 第31回COMODOL兵庫県立総合体育館

4-160918ブログ 第31回COMODOL兵庫県立総合体育館
 リボンです。雨の日は扱いが難しいそうですが、汗や息使いを感じさせない美しさ…、立派でした。



5-160918ブログ 第31回COMODOL兵庫県立総合体育館

6-160918ブログ 第31回COMODOL兵庫県立総合体育館
 フープです。スピード感、躍動美にあふれていました。



7-160918ブログ 第31回COMODOL兵庫県立総合体育館
 あっという間に中学3年生です。卒業までの競技や発表会はそう多くありません。

 苦楽を共に一緒に戦ってきた仲間とも、そろって演技ができるのもあと少し…、応援してきた爺も寂しい思いに陥ってしまいそうです。最後の発表会は感無量で胸がいっぱいになることでしょう。
 

 これからの長い人生で「どう生きていくか」、厳しい選択をしなければならないこともあるでしょう。

 しかし、どんな道であっても、この仲間たちには選んだ道をきわめようとする力があるにちがいない。描いた未来に向かって活き活きと進んでください。


 発表会の最後に、現役をリタイアされたコーチが急きょ、久しぶりに演技をされました。新体操のことを詳しくしらない私ですが、流れるような圧倒的な美しさに感動し身体がふるえました。観ていたすべての人が大きな拍手をしています。

 極めると人に大きな感動を与えることができる…、素晴らしいことです。いつかメイさんも、きっと人に感動を与えられるようなシーンがあるのではないだろうか。そんなことを思い浮かべることができれば、目の前のしんどいことなんてどうってことなくなりまね。

 爺&婆は応援します。そして、たくさんの感動と生きる力をくれたあなたたちに心から感謝します。

My granddaughter MEI first took up the rhythmic gymnastics when she was 2nd- year of elementary school.
Now she is a last year of junior high school.
She said that I really had a great time with my close friends.
I was deeply moved. I really appreciate you.


susumukobori at 23:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2016年08月20日

五輪と孫新体操

1-160820東京体育館
 孫Meiさんの「全日本新体操クラブ団体選手権」です。中学生最後の東京遠征ということで娘と一緒に応援です。



2-160820東京体育館
 千駄ヶ谷にある東京体育館は館内に入るとデカい!スケールに圧倒されます。熱戦がくり広げられるリオ・オリンピック・アリーナでの新体操とかぶってしまいます。



3-160820東京体育館
 夏休みはいくつかの大会が続き、試合までの練習にも熱が入ります。全国から140組ほどの団体がチャレンジします。それぞれが厳しい練習を重ねてきたのでしょう。



4-160820東京体育館
 終わりました。お疲れ様でした。2分半の演技に片道2時間半の道のりですが、孫の応援のためならどこまでも…、そういうことです。


 シンクロの井村監督、自主性を重んじるという指導者も近頃は多いが、と水を向けられると「それはただの無責任ですわ」とばっさり。

 才能とは高いモチベーションを持ち続ける力。メダリストが4年間も熱い思いを持ち続けていたお話を聞いて、ただただ頭が下がります。

 次は滋賀県で近畿ジュニア大会…、Meiさんの夏の戦いは続きます。

 リオ五輪と孫の新体操…、感動の涙も続きます。


susumukobori at 23:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2016年07月18日

心静めて新体操

1-160717京都市中学校夏季総合体育大会
 昨日は孫メイさんの新体操応援でした。京都市中学校夏季総合体育大会、会場は聖母学院中学校です。



2-160717京都市中学校夏季総合体育大会
 体育館の中はすごい熱気…、じっとしているだけでも汗が噴き出てくる。そんな中で選手は競技に集中します。



3-160717京都市中学校夏季総合体育大会
 競技前の割り当てられた練習…、難易度の高い技を繰り返し繰り返し練習する。応援する私たちはどんどん緊張感が高まっていく。不安になったりで心が揺れ動いてしまうのだが…、

 選手が繰り返す反復練習は「禅定」です。心を一点に定める。心を静める。仏教の瞑想のように…。不安を取り除いて、心の落ち着きを取り戻した状態をみはからったかのように、いよいよメイさんの演技です。



4-160717京都市中学校夏季総合体育大会

5-160717京都市中学校夏季総合体育大会
 「フープ」、そして「ロープ」…、90秒が長い。カメラのレンズ越しに、“よしっ!”“やったっ!”“がんばれっ!”、心の中で叫んでしまう。



6-160717京都市中学校夏季総合体育大会

7-160717京都市中学校夏季総合体育大会
 すべての競技が終了し採点が集計される。いよいよ結果発表と表彰式です。

 すごい!メイさんの名前が体育館に響く…、総合3位、種目別では3位と優勝。

 優勝は初めてです。私も私の娘も、汗と涙で顔はくしゃくしゃ…


 メイさん、ここまでよくがんばりました。

 本人は“まだまだだよ!”というでしょうが…

 “よくがんばったね。おめでとう!”と言いたい。

 そして母親の私の娘にも…、“ごくろうさま”です。前夜、入賞を念じながら急きょ赤飯を炊いたという。

 
 しかし一方では、今日まで積み上げてきた力を発揮できず涙する選手もいます。厳しい試練です。もちろんメイさんにもそんなときがありました。

 松下幸之助さんの言葉です。「失敗したところでやめてしまうから失敗になる。成功するところまで続ければ、それは成功になる」

 何回失敗しても成功するまでやり続ければ、失敗はすべて成功への学びであり、いい経験になる。

 Believe in yourself, and your dreams will come true. Go for it!

susumukobori at 18:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2016年07月09日

優しさいっぱい誕生日

1-160708孫からのプレゼント

2-160708孫からのプレゼント

 昨日、フェイスブックで多くのみなさんからお誕生日のお祝いをいただきありがとうございました。人とつながっていることの喜びを感じる一日でした。心から感謝申し上げます。

 おかげさまで腎盂ガンから復活でき、元気に誕生日を迎えることができました。いのちの尊さを味わいながら、ふつうのことができるよろこびを深めております。

 自分のすぐ傍にこれほどたくさんの優しさがあったことに気付き、お世話になった皆さんに感謝の気持ちでいっぱいです。

 痛みやしんどさにはなんとか耐えられましたが、優しさでにじみでる涙はこらえられません。

 夜、孫たちがそろってお祝いに駆けつけてくれました。プレゼントはピンクのTシャツ…。

 家庭の行事で人を喜ばせることの喜びを体験する。人が人を大切に思う利他の心が育つでしょう。

 ブログを振り返ると、初めての孫メイさんからの誕生日プレゼントが、2006年07月meiさんからの贈り物‥、3才半のときです。
 
 あっという間の孫たちの成長を喜び、ときには老いる自分を寂しく感じたり…

 おかげさまで心から幸せを感じることができる誕生日でした。

 元旦に親鸞聖人荼毘所にある父の墓前で念じた今年の思いは、

 “創業からの伝統を守り心の豊かさを世界に広めます!” 
 “先ずは健康を目標にがんばります!”

 少しゆるやかに67才の再スタート…、希望もってチャレンジします。

 今年も妻が好物のオレンジケーキを焼いてくれました。アツアツでホワホワ…、寝る前にいただいておやすみなさい。

 南無阿弥陀仏 合掌


My birthday was yesterday,I was good.
My grandchildren came to my house to celebrate me at night.
I got birthday present from a grandchild,It was a T-shirt,the one with pinkness.It's healed.
I was OK to ache, but I was not able to stop tears to gentleness.

susumukobori at 09:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2016年05月08日

思い出いっぱい

 母の日の今日、久しぶりに歓びいっぱいの一日でした。


1-160508母の日

2-160508母の日
 いつものコースを歩ける歓び、相棒ゴンタくんとの賀茂川ウォーク。爽快です。



3-160508母の日

160508お墓詣り
 父の命日です。厳粛にお墓参り、南無阿弥陀仏。



5-160508母の日

6-160508母の日

160510颯くん
 孫との会食、にぎやかです。孫たちはがんばってます。


 ちょっと前までの日常がなつかしい。

 再発予防の抗がん剤加療がもう少し続きます。

 皆からの励みをもらいながら いい思い出をつくれるよう、がんばります。



susumukobori at 21:55|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

2016年05月07日

久しぶりのうれし涙

1-150507孫の新体操

2-150507孫の新体操
 連休に孫Meiさんの新体操の応援に行きました。

 5月3日は「新体操中学春季総合体育大会」、会場は聖母学院体育館
 5月5日は「天王山杯新体操親善大会」、大山崎体育館でした。



3-150507孫の新体操

4-150507孫の新体操

5-150507孫の新体操
 総体では個人総合2位、種目別でフープとロープが3位でした。京都新聞にも掲載されてました。「吉田」です。

 表彰式で名前が呼ばれたとき、娘(Meiさんの母親)と顔を合わせ“えっ!”…。言葉になりません。涙をこられるのが精一杯でした。

 “Meiさん、おめでとう。ほんとうによくがんばりましたね”

 遠くにいるMeiさんに心の声で伝えました。

 “じ〜じ、まだまだなんだよ”と心の耳に聞こえてきました。

 これでいいと慢心した瞬間から退歩が始まります。

 高い技術をもつ仏具職人さんと同じです。“まだまだです。一生勉強です。”と言い続けます。

 試合では結果がでるときがあれば、でないときもあります。

 「未熟だから成長できる…」、未熟を自覚し、情熱と気力、モチベーションを持ち続け、より高い目標に向かってチャレンジする。

 病気加療中の私には、何よりもかけがえのない励みをもらい感謝です。

 Meiさんの姿を思い浮かべ、爺もまた明日からがんばります。

 “Meiさん、ありがとう!”、心の声は届いてるかな…


susumukobori at 20:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2016年03月27日

新体操舞洲カップ

 『6th Maishima Cup Kinki Rhythmic Gymnastics Final』
 孫Meiさんの近畿ジュニア体操競技選手権大会でした。



1-160327ブログ 舞洲カップ

2-160327ブログ 舞洲カップ
 久しぶりの応援です。
 競技前に念入りに練習を繰り返す…
 みている方がトキドキしてしまいます。

 いよいよメイさんの演技です。
 “がんばって〜!”
 “やった〜!”

 カメラのレンズ越しに
 1分半の無言のエール
 爺の目にはカンペキでしたよ。



3-160327ブログ 舞洲カップ

4-160327ブログ 舞洲カップ

5-160327ブログ 舞洲カップ
 舞洲の「府民共済SUPERアリーナ」…
 立派な体育館に一層緊張感が漂います。
 
 Meiさんのモチベーションを持ち続ける姿を目にして…
 爺は大きな力をもらいます。

 4月と5月に入院しますが、
 その先にあるビジョンに向かい
 希望を持って前進します。
 ありがとう!
 


susumukobori at 22:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2016年03月04日

苦しみで知るそばの優しさ

1-160304退院祝

2-160304退院祝
 家族が退院を祝ってくれました。感謝です。
 病気して、しんどい思いをして知るすぐそばの優しさです。ほんとうにありがとう。



3-160304退院祝
 孫たちが息子に耳打ちして何やら段取りをしている。袋からだしてくれた贈り物は手作りの「寄せ書き」でした。皆からの心がこもった御祝いメッセージに涙です。

 心を込めて作るとは、そんな幸せシーンを想像する力があるかどうかです。あっという間の孫たちの成長に自然と目が細まります。



4-160304曽祖父の伝える言葉
 苦しい思いをしているときに支えてくれた家族や友人、先生や看護士さんが思い浮かびます。

 そしてもうひとつ決して忘れてはならないことは…、社員がこれほどにまで優しかったということです。

 久しぶりに出社したときの皆からの優しさあふれる笑顔と応援の言葉は…、
 “大丈夫ですか?”“ムリしないでください!”“もっとゆっくり休んでください”、口々に声をかけてくれる。ほんとうに嬉しかったです。必死に涙をこらえました。

 曽祖父が遺してくれたメッセージ…
 「社員を家族と思え!家族が苦しむときは家族を支える。ならば社員が苦しむときは社員を支えよ」、咀嚼した結果の理解です。

 父もよくいってました。「社員あっての会社なんだから…」

 おかげさまで術後の経過も順調です。皆からいただいた心温まる応援メッセージを噛みしめて、ぼちぼちと身体をならしていきます。

 皆さん、ほんとうにありがとうございました。

 

susumukobori at 22:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2016年01月03日

仲睦まじい初詣

1-160102仲睦まじいお正月
 1月は睦月、昨日は92才の母を囲んで4世代が仲睦(むつ)まじくおせちでした。代々の味を手作りで受け継いでくれている家内に感謝です。



2-160102仲睦まじいお正月

3-160102仲睦まじいお正月

4-160102仲睦まじいお正月
 今年も92才の母と一緒に真宗本廟様へお詣りできました。東本願寺様とともに歩んできた京仏具小堀 ですが、母の人生は苦難を生き抜いた父を支え続ける生涯です。

 境内に入るなり“ありがたい”といい手を会わせ続ける。熱心な真宗門徒であった父とともに浄土真宗の生き方が染み付いています。

 次男が担当してくた阿弥陀堂修復工事も無事完成、3月31日に還座式が厳修されます。また、母を連れてお詣りにこれることを楽しみにしています。



5-160102仲睦まじいお正月

6-160102仲睦まじいお正月

7-160102仲睦まじいお正月

8-160102仲睦まじいお正月

9-160102仲睦まじいお正月
 30年ぶりの北野天満宮です。子どもたちが小さい頃、従姉妹と一緒に初詣に来たものでした。

 懐かしい光景を思い浮かべながら、今は孫たちが書く絵馬に興味津々…

 露店が並び、威勢のいい店主の声が飛び交います。孫たちは足を止め、お年玉の中から好きなものを買い求める。子どもたちがわくわくするシーンです。

 昨晩は孫3人がお泊りしてくれました。今年のお正月は、最愛の孫たちと多くの時間を一緒でき、何よりもの喜びです。

 来年も親族一同が集って仲睦(むつ)まじくできますよう、皆の元気を願います。




susumukobori at 20:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2016年01月02日

如来様からのお年玉

1-160102如来様からのお年玉
 お年玉は如来様からのプレゼント
 小さい頃から続く我が家の伝統、合掌で始まるお正月です。



3-160102如来様からのお年玉
 10年前の2006年元旦、お仏壇に手を合わす孫のメイさんとユウさん。ハヤテくんはまだ生まれてません。



2-160102如来様からのお年玉
 あっという間の10年です。夢がいっぱいつまった如来様からのお年玉にひょうきんポーズ…、周囲に笑いがたえません。

 新体操にバスケット…、孫たちは忙しくわずかなお正月休みです。

 老いる寂しさと成長する喜びを感じつつ…、

 受け継がれていく元旦の風景に目を細めてしまいます。



susumukobori at 11:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2015年12月30日

家族

1-151230ゴンタくんと孫

2-151230ゴンタくんと孫

3-151230ゴンタくんと孫

4-151230ゴンタくんと孫

5-151230ゴンタくんと孫

6-151230ゴンタくんと孫

7-151230ゴンタくんと孫

娘家族が来てくれました。孫たちと一緒です。

皆がゴンタくんを相手ににぎやかです。

ゴンタくんもこれだけの多くの人にかまってもらって興奮してます。

記憶に残しておきたい幸せシーンです。

1月は睦月(むつき)…

お正月には家族が集まって仲睦(むつ)まじくできますように。

ゴンタくんも一緒にね!



susumukobori at 11:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2015年12月27日

テスト

151223ホテルグランヴィア
 
 ホテルグランビア

susumukobori at 19:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2015年12月24日

感動の新体操

0-151223新体操発表会

1-151223新体操発表会

2-151223新体操発表会

3-151223新体操発表会

4-151223新体操発表会

5-151223新体操発表会

 昨日は中2孫メイさんが所属する新体操 Team Kaida RG の発表会でした。

 会場は、京都こども文化会館エンゼルハウス、第5回目です。

 開演の前からすでに目頭が熱く、孫への思いはどうすることもできません。

 毎年、この発表会が一年間の最後の演技です。選手がこれまでに一生けんめい取り組んだ結果、夫々に色々な想いがあることでしょう。

 応援する私たちの側は、競技大会ほどの胸が裂けるような緊張感がなく、フィギュアのエキシビションを観るかのようです。しかし、選手の皆さんは、この日のために演技を企画し、道具も手作りし、練習を重ねてきました。
 
 小学校2年生から始めた新体操ですが、毎日の厳しい練習にも弱音をはくこともなく、ほんとうによくここまでがんばってきました。この日は、色鮮やかなスポットを浴び、ステージいっぱいに躍動する選手たちが一層輝いて見えます。いや〜、ほんとうに感動しました。

 メイさんもこれからの人生で、スランプやしんどいこと、挫折を味合うようなことがあるかもしれません。厳しい選択に迫られることもあるでしょう。しかし、少々のことではへこたれないたくましさを感じます。

 だんだんと、なかなかゆっくりお会いできる時間が少なくなってきたのですが、試合会場で遠くからその成長ぶりを眺めては喜びを味わってます。

 自分の老いを自覚するこの頃ですが、孫の頑張りに励みをもらってます。メイさん、今年も一年お疲れさまでした。また来年もがんばりましょう。爺もがんばりますよ。

susumukobori at 23:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2015年11月15日

スポーツの過酷さ

 孫、メイさんの新体操応援です。
 第3回京都新体操クラブ選手権が京都平安女学院で開催されました。

1-151115第3回京都新体操クラブ選手権

2-151115第3回京都新体操クラブ選手権

3-151115第3回京都新体操クラブ選手権

4-151115第3回京都新体操クラブ選手権
 種目はボールです。表情が穏やかでのびのびと演技ができたようです。今年最後の試合が無事終わりほっとしました。



5-151115第3回京都新体操クラブ選手権

6-151115第3回京都新体操クラブ選手権

7-151115第3回京都新体操クラブ選手権
 個人では3位…、ボールは苦手かなと思っていたのですがよくここまで頑張りました。

 「メイさんおめでとう!」とはいわずに…
 「一年間、おつれかさま!」と伝えました。

 メイさんにとっては通過点、いつも結果が良くてもまだまだっていうからね。


 今日は厳しいシーンを目にしました。

 次の種目で演技をする選手たちは競技直前に繰り返し繰り返し練習をします。頂点に達する緊張感が伝わってきます。

 難易度の高い技を見事にクリアする一人の少女に目を奪われました。何回繰り返してもミスなく完璧です。

 ところが試合では練習通りの結果がでません。激しい息遣いまでもが聞こえてきました。中学生の少女にとってはあまりも過酷です。

 練習で10回中10回が完璧にできていても試合でその力がだせるとはかぎりません。スポーツの厳しさです。

 競技が終わり体育館を出るときに、ひとりの少女が涙を流している。ふだんの力が出せず、思うような結果を得られなかった悔し涙なのでしょう。

 少女の前を横切るときに、無言で“がんばれ〜!”と呟きました。一瞬だけでも彼女の祖父になった思いです。

 選手たちは皆、こういう体験で一喜一憂を繰り返し、立ち直っては再び次の目標に向かって挑戦するのでしょう。

 これからの人生で、挫折や苦難な状況に追い込まれても、少々のことではへこたれない、そんな強い人間になれるでしょう。

 小学校2年生から新体操を始めたメイさんも、早いもので来年は中学3年生です。選手人生はそう長くはありません。悔いのないよう精一杯がんばってください。


susumukobori at 22:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2015年11月08日

新体操とビジネス

 昨日、仕事が終わり急いで孫メイさんの新体操応援に駆けつけました。平安女学院で京都市中学校新人大会です。

 久しぶりに見るメイさんの演技にスピードと躍動を感じました。高速運動にシャッターチャンスを逃してしまいそう。 
 
 技術的なことは判らない私にも、一段高い難易度に向かってチャレンジする姿が見えます。



 新体操とビジネス…
 共通点があります。

 一段高いレベルに挑戦するかどうか…
 練習時の成功確率をどう判断するか…
 競技直前に決断に迫られることもあるようです。

 ダメと思ったときが失敗の始まり…
 挑戦できるテーマがあるとプラスになれる…



1-151107ブログ京都市中学校新人大会

2-151107ブログ京都市中学校新人大会
 いよいよ競技が開始
 名前がよばれ、メイさんの元気な返事が体育館内に響き渡ります。
 ふだん味わうことのない緊張感が頂点に達する。

 ロープとフープ…
 難しい技が成功!
 “やった〜”と心の中で叫びました。
 メイさんは自分を信じチャレンジしたようです。



3-151107ブログ京都市中学校新人大会
 閉会式で結果発表
 4位で入賞です。
 おめでとう!(爺涙)

 
 家に帰ると浅田真央さんの優勝ニュースが流れています。
 「周囲の人のためではなく自分のために悔いのないよう精一杯の演技をしたい」
 そんな内容でインタビューに応えていました。

 スポーツで夢に向かって挑戦し続ける選手には、同じ共通する強い思いがあるのかもしれません。

 真央さんメイさん、お疲れさまでした。希望をもってさらに前進してください。爺もビジョンに向かってお仕事にがんばります。


susumukobori at 22:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2015年11月03日

孫のダンス 最後の審判

1-151103ブログ ゆうさんのダンス

2-151103ブログ ゆうさんのダンス
 京都府立陶板名画の庭で、ミケランジェロ「最後の審判」をバックに孫ユウさんのダンスです。



3-151103ブログ ゆうさんのダンス
 トリをとったユウさんたち…、まさに「最後の出番」やね。

 新体操、ダンス、バスケット…、成長とともに三人の孫たちも忙しい。

 会える時間が少なくなり、爺は老いる寂しさを感じつつも、それぞれが一生けん命になれることあるといのは幸せなことです。

 今日のユウさん…、組体操の落下で骨折した腕も完治しイキイキとしてました。そして一まわりも二まわり大きく見えましたよ。

 三人の孫たちが、これからもケガや事故がなく、明るく元気で育ってくれることを願います。


susumukobori at 22:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2015年11月02日

母と孫の誕生日

 昨日11月1日は、92才の母と9才の孫Hayateくんの誕生日でした。


1-母と孫の誕生日
 母は苦難な時代に家族を守り、父を支え続ける人生でした。

 結婚してすぐに、父の軍隊、シベリア抑留、復員後の廃業状態からの復興、父と一緒に苦労に耐え乗り越えてきました。

 父が亡くなりあっという間の20年です。これからもまだまだ元気で長生きしてもらいたいものです。



2-母と孫の誕生日

151101誕生日
 孫Hayateくんは親鸞聖人が出家得度された年です。ずいぶんしっかりしました。

 バスケットボールのチームで毎週土曜日も日曜日もがんばっています。

 今朝もゴンタくんと賀茂川を散歩中に偶然に孫Meiさんに合ったのですが…、“じ〜じ、Meiちゃんを追いかけて散歩に行ってるんやろ?”

 勘のするどいHayateくんには「偶然を装った必然」をとっくに見抜かれてます。(笑)

 2段のチョコレートケーキはHayateくんのリクエストで娘の手作りです。私はケーキは苦手なんですが、これは本当に美味かったです。母もきれいに平らげ、元気の源ですね。


3-母と孫の誕生日
 9-6-3-1、90代から9才までの4世代がそろい元気に誕生日を祝える喜び…、ありがたいことです。

 いつも母のめんどうを看てくれている家内と娘に感謝しなければなりません。

 これからも皆の元気を願います。
 



susumukobori at 07:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2015年10月11日

孫の完全復帰ダンス

1-151011ゆうさん復帰ダンス

2-151011ゆうさん復帰ダンス

3-151011ゆうさん復帰ダンス
 8月末に小学校運動会の組体操練習で落下し左腕を骨折した孫のゆうさん。先生も驚かれる程の回復力で全快です。岡崎公園で開催の学生祭典に所属するダンスチームで踊りました。



4-151011ゆうさん復帰ダンス

5-151011ゆうさん復帰ダンス

6-151011ゆうさん復帰ダンス
 骨折した腕は大丈夫?爺婆の心配をよそに思いっきり弾けてました。これまでの不自から開放された喜びを全身で表現するかのようでした。ゆうさんよかったですね。完治おめでとう!



7-151011ゆうさん復帰ダンス
 姉のメイさんもぎりぎり駆けつけてくれました。仲のいい孫姉妹を見る幸せ…、後姿を何枚も撮り続けてしまいました。



賀茂川で仲良し孫姉妹
 いつも妹の手をつなぐ幼い頃の二人を思い出します。ほんとうに仲のいい姉妹弟…、父母祖父母にとって何よりもの喜びです。

 神宮道は人であふれています。露店とステージの行列、いろんな匂い、音が混ざり合っている。そんな賑わいはどうも苦手です。ついていけません。最愛の孫たちについて行くだけでいい…、そういうことですね。(笑)



151011はやてくん銀メタル
 そして、末っ子の孫はやてくんは町内の運動会リレーで銀メタルの獲得…、がんばりましたね。おめでとう!


 13才・11才・8才の三人の孫は成長とともに夫々の道で頑張ってます。秋のイベント盛りの今日、祖父母の応援スケジュールも分刻み。嬉しい悲鳴の一日でした。



 

susumukobori at 21:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!