お寺さん

2014年12月19日

御本尊のお身拭い

2012年2月 雪の御影堂
 2012年2月の雪の御影堂



2014年2月 雪の御影堂
 2014年2月の雪の御影堂



141219御本尊のお身拭い
 真宗本廟(東本願寺様)御本尊のお身拭いでした。

 毎年12月19日午前に執り行われる歳末行事で、仏師江里さんとご一緒させてもらいました。この重要な行事を迎えると一年間の速さを感じます。

 薄暗い御影堂九字之間に正座…、揺れる朱蝋燭の光の下 ご本尊阿弥陀如来様像の御身拭いが始まると背筋が伸びる思いです。

 これほど厳粛な気持ちを味あわせてもらえることをよろこび、この場に居合わせてもらうことができるご縁に感謝しなければなりません。

 一年の誇り拭い終わった後、目の前に安置されたご本尊に真っ先に手を合わす…、安らいだ気分です。

 南無阿弥陀仏

 合掌


susumukobori at 23:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2014年11月25日

八女郡 浄徳寺様



福岡県八女郡 真宗大谷派 浄徳寺様

「宗祖親鸞聖人七百五十回御遠忌」「開基五百年」「本堂落成慶讃」「ご住職様継職奉告」
ご法要まことにおめでとうございます。

御宮殿御須弥壇・御開山御厨子御須弥壇のご用命を賜り衷心より感謝申し上げます。
2014年11月15日
京仏具(株)小堀
代表取締役社長 小堀 進

susumukobori at 21:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2014年11月08日

三重県伊賀市 真言律宗 天童山 無量寿福寺様


本堂再建落慶法要 平成26年10月26日
平勝宝年間(749〜57)孝謙天皇の勅願により僧行基の開基と伝えられる歴史あるお-寺様です。
御本尊を始めお仏具ご修復のご用命を賜り、たいへん光栄の至りと心から感謝申し上げます。

susumukobori at 18:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2014年10月23日

バンコク寺院にお詣り ワット・リアップ

1-ワットリアップ日本人納骨堂

2-ワットリアップ日本人納骨堂
  昨日は、ワット・ポー東南にあるワット・ラーチャブーラナ Wat Ratchaburana (ワット・リアップ)に訪問しました。高さのある立派な本堂です。



3-ワットリアップ日本人納骨堂

4-ワットリアップ日本人納骨堂
 本堂前の浄らかな蓮。会館の御本尊お釈迦様に合掌。そして境内に日本人のための納骨堂があります。



5-ワットリアップ日本人納骨堂
 本堂の裏側にある日本人のための墓地納骨堂です。白色を基調としていますが金閣寺を模して建てられたといいます。



6-ワットリアップ日本人納骨堂
 納骨堂には1934年に名古屋日泰寺さんからご移徙された仏像が祀ってあります。



7-ワットリアップ日本人納骨堂
 日本人納骨堂々守(Keeper of japaneese Charnel in Thailand)の僧侶、水木さんにお話をお伺いしました。

 納骨堂はタイ国日本人会が管理し春秋の彼岸に法要が勤修されます。

 タイで亡くなられた日本人のために遠く日本からたいへんごくろうさまです。

 合掌


 

susumukobori at 23:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2014年10月10日

岐阜別院様起工式

1-141010岐阜別院様起工式

2-141010岐阜別院様起工式

3-141010岐阜別院様起工式

4-141010岐阜別院様起工式

5-141010岐阜別院様 1951年再建の写真
 (1951年再建の写真)

 浄土真宗本願寺派 本願寺岐阜別院様、本堂修復起工式、香光殿竣工式にお詣りさせてもらいました。

 親鸞聖人750回大遠忌法要記念の長期事業計画です。

 400年の歴史あるご別院に、お仏具のご用命を賜り謹製させていただけることはたいへん光栄の至りと、心から感謝申し上げます。

 平成28年にご門主様がご親修のもと大遠忌法要が厳修されます。


表白

 いよいよ工事が始まるという今日のご法要…、

 表白文を目にし厳粛にお詣りさせていただきました。

 教区のみなさんの厚いご懇念が伝わり、責任の重大さに身の引き締まる思いです。

 ご門徒の皆様のご期待にお応えできるよう、緊張感をもって高品質のお荘厳を完成さhせていただきます。

 南無阿弥陀仏 合掌


susumukobori at 17:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2014年09月21日

悠久の歴史を持つ無量寿福寺様ご納入

 三重県の真言律宗 天童山 震旦院 無量寿福寺様の御本堂が立派に完成されました。

 平勝宝年間(749〜57)孝謙天皇の勅願により僧行基の開基と伝えられる歴史あるご寺院様です。
 御本尊を始めお仏具ご修復のご用命を賜り、たいへん光栄の至りと心から感謝申し上げます。

 先日、お天気にも恵まれた中、御本尊が再び真新しい御本堂内陣にご安置され、御荘厳具一式の納入が完了。新たな歴史の始まりに仏縁を頂戴し、厳粛な気持ちにさせてもらいました。

1-悠久の歴史を持つ無量寿福寺様ご納入

2-悠久の歴史を持つ無量寿福寺様ご納入
 山門から新ご本堂



3-悠久の歴史を持つ無量寿福寺様ご納入

4-悠久の歴史を持つ無量寿福寺様ご納入

5-悠久の歴史を持つ無量寿福寺様ご納入

6-悠久の歴史を持つ無量寿福寺様ご納入

7-悠久の歴史を持つ無量寿福寺様ご納入

8-悠久の歴史を持つ無量寿福寺様ご納入
 ご本尊が無事ご安置されました。



9-悠久の歴史を持つ無量寿福寺様ご納入

10-悠久の歴史を持つ無量寿福寺様ご納入
 ご修復の欄間です。

 来月に落慶ご法要が厳修されますが、ご住職様を始め役員の皆様の永年のご努力が実を結びまことにおめでとうございます。お詣りさせていただくことを楽しみにしています。

 ご寺族の皆様にはご納入までの間、ご高配を賜りお世話になりありがとうございました。

 明石課長を始めお客様係の皆さん、たいへんお疲れ様でした。

 *すべてのお荘厳の写真は後日掲載させてもらいます。


susumukobori at 23:14|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

2014年06月20日

生涯記憶に残るお寺様

1- 一生涯記憶に残るお寺様
 小堀主催セミナーは新入社員にもお手伝いをしてもらいます。

 翌日は見学会で、今日は現在内装工事中のお寺様へおじゃまをさせてもらいました。

 通していただいたお部屋にはちゃんとクーラーが入っている。人数分の椅子とテーブルがご用意されている。大勢でお伺いし、たいへんご丁寧にお迎えいただき、ありがとうございました。

 社員の皆にも、おもてなしの勉強になったことでしょう。


 2012年2月1日、私が社長就任の初仕事はこちら萬福寺様のご契約でした。人生には節目がありますが、生涯記憶に残るありがたい一日でした。

 その後、起工式・ご動座式にもお詣りさせていただき、2012年11月には工房見学にもお越しをいただきました。昨年のセミナーには若様にもご参加をいただきました。深まるご縁に心から感謝申し上げます。



2- 一生涯記憶に残るお寺様
 お内陣はうるし塗り工事が完了…、現在塗りの表面を磨く「蝋色(ろいろ)研ぎ出し」の段階です。



3- 一生涯記憶に残るお寺様
 うるし塗り表面を平らに研ぎます。職人さんが使う道具は木炭です。なかなか良質な炭が手に入りにくくなってきました。



4- 一生涯記憶に残るお寺様
 うるし塗りの各工程は、新しい作業段階に入るとこの板にも塗り、進捗をご報告をします。



5- 一生涯記憶に残るお寺様
 担当福田課長が新入社員に説明をしてくれます。お仏具のご修復を含め、すべての完成は11月です。
 
 落慶ご法要、親鸞お聖人750回御遠忌法要が立派に厳修されますよう、責任をもって最高品質のお荘厳をお納めさせていただきます。

 そしてご納入の後は高品質の維持に徹してアフターサービスに努めてさせていただきます。どうぞこれからもご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。

 

 

susumukobori at 23:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2014年05月19日

動画ご納入例 妙専寺様


 宮崎県延岡市 浄土真宗本願寺派 称揚山 妙専寺様のムービーです。

 八間本堂四間御内陣の壮大な本格的木造建築です。

 御宮殿御須弥壇を始め唐狭間・巻障子の他、お荘厳一式のご用命を賜り心から感謝申し上げます。
 
 いのちある材料を使い精魂こめて謹製されたお仏具にご信心深い皆様がお手を合わされます。

 今後は高品質の維持に徹しアフターサービスに努めさせていただきます。
 




susumukobori at 15:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2014年05月06日

妙専寺様落慶法要

 こんばんわ!お仏壇ものがたりの小堀です。

 今日は宮崎県延岡市の浄土真宗本願寺派 称揚山 妙専寺様の落慶法要にお詣りさせてもらいました。

 八間本堂四間御内陣の壮大で理想の木造御本堂を完成されました。お荘厳お仏具一式のご用命を賜り心から感謝申し上げます。


1-延岡市 妙専寺様

2-延岡市 妙専寺様

3-延岡市 妙専寺様
 ご住職様をはじめご寺族、お壇家様の厚いご懇念により本日、落慶ご法要を勤修されまことにおめでとうございます。
 多くの人々が親鸞お聖人のお声に耳を傾けられ、安らぎを深められますよう願います。



 外陣正面上部の六鳥欄間が参詣者をお浄土の領域へ迎え入れてくれるかのようです。
4-延岡市 妙専寺様
 白鵠(びゃっこう)

5-延岡市 妙専寺様
 孔雀(くじゃく)

6-延岡市 妙専寺様
 鸚鵡(おうむ)

7-延岡市 妙専寺様
 舎利(しゃり)

8-延岡市 妙専寺様
 迦陵頻伽(かりょうびんが)

9-延岡市 妙専寺様
 共命(ぐみょう)





11-延岡市 妙専寺様

10-延岡市 妙専寺様

12-延岡市 妙専寺様
 御宮殿・御須弥壇(ごくうでん・おしみだん)、そして阿弥陀如来様です。



13-延岡市 妙専寺様

14-延岡市 妙専寺様
 式典では感謝状並びに記念品を頂戴したいへん光栄の至りと心から感謝申し上げます。



 いのちある材料を使い精魂こめて謹製されたお仏具にご信心深い皆様がお手を合わされる。この後は高品質の維持に徹しアフターサービスに努めさせていただきます。

 そして、お念仏の救いの尊さを味わうよろこびとやすらぎを深められますよう念じ申し上げます。


susumukobori at 23:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2014年04月22日

ワット・アルン

 「暁の寺」ともいわれるタイで最も有名なお寺です。仏塔に上ってみました。

 旧勾配の階段を上ると眼下にチャオプラヤー川とバンコクの街の風景が広がります。

 ここまではよかったのですが多くの人が下りる時に恐怖を味わいます。実際に転落事故もあり今は2層部分位までしか上がれません。

 私も下りるときは足がすくんでしまいました。上から見下ろすと階段がほとんど垂直に見えるほどです。危険です。

 手すりを抱きかかえるようにして無事下りられましたが、ムリな体勢だったのか足の筋肉を傷めてしまいました。

 せっかくなので寺務所にも立ち寄ってお坊さんにごあいさつをさせてもらいまいた。仕事で来た訳ではないのですが、長年の仏具販売で身についてしまった習性です。(笑)

 三人の僧侶が迎えてくださいましたが、タイ語はまったくわかりません。わずかな片言の英語です。タイ国民の人気ドラマ「クーカム」の主人公 小堀大尉と同じ名前と伝えるとそれだけで微笑んでもらえて嬉しいひと時でした。

 僧侶に合掌・礼拝で寺務所から失礼しました。ワット・アルンの仏塔では体力を消耗しましたがお坊さんにお会いでき穏やかな気分になれました。


1-140420ワットアルン

2-140420ワットアルン

3-140420ワットアルン

4-140420ワットアルン

5-140420ワットアルン

6-140420ワットアルン

7-140420ワットアルン

8-140420ワットアルン

9-140420ワットアルン



susumukobori at 23:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2014年04月20日

エメラルド 仏寺ワット・プラシーラッタナサーサダーラーム寺院様

 ワット・プラシーラッタナサーサダーラームは、王宮の敷地内にある仏教寺院です。

 通称ワット・プラケーオ(Temple of the Emerald Buddha)、エメラルド仏寺院と呼ばれるお寺に参拝してきました。

 王室守護寺院…、王室専用の寺院なので庫裏がありません。今日、このお寺で僧侶を見かけることもありまえんでした。

 壮大で豪華な数々の建造物に圧倒されてしまいます。王室の敬虔な仏教信仰と、素晴らしい仏教寺院が人々の心に仏教的な生き方の素晴らしさを教えてくれました。

 
1-140420エメラルド仏寺院

2-140420エメラルド仏寺院

3-140420エメラルド仏寺院

4-140420エメラルド仏寺院

5-140420エメラルド仏寺院

6-140420エメラルド仏寺院


 
 真っ白の軍服を着た微動だもしない兵が、勤務交替のシーンを見ることができました。猛暑の炎天下、たいへん仕事です。ご苦労様です。


susumukobori at 23:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2014年04月17日

旭川別院様御遷仏ご法要



 真宗大谷派旭川別院様の親鸞聖人七百五十回御遠忌法要記念事業です。三年半の時を経て本堂改修工事が立派に完成、まことにおめでとうございます。御本尊御移徙式並びに竣工式が厳粛に厳修され、心静かにお詣りさせていただきました。

 私は会社の代表という立場上、この浄らかなご法要に参列させていただいて安らいだ気持ちを味あわせてもらいましたが、お詣りにきたくとも来れなかった多くの方々がおられます。

 工事の完成までにはウルシ塗り金箔を始め、数え切れない多くの人々の手によってささえられてきました。尽力をなされた職人さんたちに心から敬意を評し感謝いたします。

 関わってくださった方々に、そして、お詣りに行くことができなかった皆さんに、少しでもお喜びのシーンをお伝えして心一つにきれば嬉しいことです。

 南無阿弥陀仏 合掌


 

susumukobori at 21:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2014年03月30日

善徳寺様ご法要



姫路市 真宗大谷派 善徳寺様です。

御遠忌記念事業 御本堂お内陣 山門改修復工事が立派に完成されまことにおめでとうございます。

また、お荘厳一式並びに内装のご用命を賜り心から感謝申し上げます。

宗祖親鸞聖人七百五十回御遠忌ご法要、善徳寺様開基空専法師五百回忌ご法要が厳粛に厳修され、心静かにお詣りさせていただきました。

南無阿弥陀仏 合掌 

susumukobori at 07:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2014年02月14日

白い御影堂

 東本願寺さん御影堂、屋根瓦が雪で包まれていきます。
 白く輝やく様子を本店4階の窓から記録できることが嬉しい。
 曽祖父がこの場所に店を構えてくれたことに感謝しなければなりません。


1-140214白い御影堂

2-140214白い御影堂

3-140214白い御影堂

4-140214白い御影堂

5-140214白い御影堂

 前回は2012年02月18日「白い賀茂川と東本願寺さん」でした。
 残しておきたいこれらの画像は工房見学のプレゼンで紹介させてもらいます。

susumukobori at 20:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2014年02月09日

グーグルで御本山へ

1-140209グーグルで本山へ
 東本願寺さん阿弥陀堂は工事屋根で包まれています。正面入り口前にトラックが2台止まっているのがわかります。



2-140209グーグルで本山へ
 ズームで見ると昨年4月、御宮殿お預かりの際にクレーン車で積み込み作業中の写真です。少し離れたところに立っているのは、ひょっとしたら写真撮影をしていた私かもしれない。



3-140209グーグルで本山へ

4-140209グーグルで本山へ
 グーグルでご本山参拝、南無阿弥陀仏 合掌



5-140209グーグルで本山へ
 Googleストアビューで訪れる小堀本店、3階です。



 グーグルのサービスがすごい!
 
 YouTubeを買収したのが2006年、2010年には黒字化し、2013年3月に月間ユニークーユーザー数が10億人を超えたという。

 ネット利用者の二人に一人が使っているということ。ほんとうに「あなたのテレビジョン」になってしまいました。


 私もずいぶんとGoogleを利用しています。多くの人が仕事や趣味に欠かせないものになってしまっていることでしょう。

 2008年にYouTubeにアップした動画は60本以上… 
 Gmail、Googleカレンダー、Googleマップ
 音楽の視聴はテレビよりもYouTubeになってしまいました。

 すごいのが、これらのサービスが無料であること。
 サービスが無料ということは…、
 開発者には私たちのように商品を作って対価を求めるという単純思考がないということ。

 より便利により多くの人に使ってもらえるサービス…、
 このことが開発動機になっているからこそ、次々に独自の新しいサービスを創りだすのでしょう。

 利用者の個人情報が吸い取られて広告に活かされている…、
 そんな危険性を感じつつ利用してしまう。依存してしまう。

 いや〜、グーグルがすごい! 
 

susumukobori at 08:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2014年01月02日

合掌のお正月

1-140102合掌のお正月
 お年玉はお仏壇の精霊棚に…、如来様からの贈り物です。孫たちはわくわくしながら手を合わせる。わが家の伝統です。



140102母を囲んでおせち
 母を囲んでおせちです。毎年、カミさんが家族のために精魂こめて作ってくれます。ごくろうさんです。合掌でいただきま〜っす!



2-140102合掌のお正月

3-140102合掌のお正月

4-140102合掌のお正月
 今日は娘家族と一緒にお墓参り。皆で雑草をとり墓石を磨く…、合掌



5-140102合掌のお正月

6-140102合掌のお正月

7-140102合掌のお正月
 親鸞聖人御荼毘所とされる鳥辺野近くの延仁寺さんです。御伝鈔第四軸第五図「洛陽遷化」にその様子が描いてあります。
 孫のMeiさんが親鸞聖人行脚像に新しい水を上げたいという。再び孫たちが仲良く手を合わせる。



8-140102合掌のお正月
 北の蓮台野、西の化野、そしてここ東の鳥辺野は鳥葬、平安時代の民衆の葬送地です。「野」は死者を捨てる場所という意味があります。過酷な現実です。

 小学校1〜2年の頃、祖母を中心に従妹たち大勢が連れ添ってお墓詣りにきた頃を思い出します。祖母は私たち孫の前ではいつもにこやかで穏やかな人でした。

 しかし、フィリピンで若い息子(叔父)を戦争で亡くし、悲しみは想像を絶することだったのでしょう。祖母が49歳のときです。
 孫とたちとにぎやかにお墓詣りにいく…、このときが一番の安らげる最良のときだったのかもしれません。そんなふうに想像するようになったのは最近のことです。

 私も、今日のお墓詣りほど安らげたことはありません。おかげさまで心浄らかなお正月です。メイさん、ユウさん、ハヤテくん…、ありがとう。

 南無阿弥陀仏
 
 

 








susumukobori at 23:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2014年01月01日

2014年 かわりない元旦

 あっという間の一年でした。
 昨年の元旦の風景と同じ行動です。
 同じ行動ということは、事故や病気もなく変わりなく正月を迎えている。このことに感謝しなかればなりません。


1-140101変わりない元旦

2-140101変わりない元旦
 愛犬ゴンタくんとの賀茂川ウォーク…、今年もよろしくお願いします。



3-140101変わりない元旦

4-140101変わりない元旦
 義理の父と妹のお墓参り…、妹想いの奥さんが精いっぱいきれいなお花を供えます。



5-140101変わりない元旦

6-140101変わりない元旦
 そして初詣は東本願寺さん…、昼なお暗い御影堂で厳粛な気持ちにさせてもらえる。

 静かな堂内で親鸞お聖人に手を合わせ今年の想いを決意する。

 人であふれる神社よりもここがいい。

 どうぞ今年も一年、よろしくお願いいたします。

 南無阿弥陀仏

 合掌






susumukobori at 20:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2013年11月28日

真宗本廟様 報恩講お斎ご接待

 大谷派保信会加盟業者がご奉仕する報恩講のお斎ご接待です。
 紋菓・抹茶・煎茶、膳の出し方など、所作をお教えいただけてたいへん勉強になります。

 今日は宮御殿でした。厳粛な空気の中で背筋がしゃんと伸びます。そんな中で、実は調度品に触れることができるのも密かな楽しみです。



1-131128真宗本廟様 報恩講お斎ご接待

2-131128真宗本廟様 報恩講お斎ご接待

 熱伝導率が高く水をきれいにするといわれ、皇室でも代々使われていたのが錫製の酒器です。ご本山の錫製徳利には牡丹紋が刻まれてます。



3-131128真宗本廟様 報恩講お斎ご接待
 御膳の漆塗り…、ものすごくむっくりしています。濃い漆が分厚く塗られたカンジなのです。触れるとゴム質のように柔らかくて温もりを感じます。

 我々の常識は「高品質=蝋色研ぎ出し」です。シャープな塗を求めてしまいます。しかし、そのこと一辺倒では、私たち作り手側の価値の押し付けにすぎません。

 研いで磨いて綺麗に仕上げるという作り手側の欲求よりも…
 盆に乗せた椀がすべらないように…
 温かい椀物が冷めないように…
 使い手側に優しいということ。
 御膳に触れてそんなことを思い一人楽しんでいました。

4-131128真宗本廟様 報恩講お斎ご接待

5-131128真宗本廟様 報恩講お斎ご接待

6-131128真宗本廟様 報恩講お斎ご接待

7-131128真宗本廟様 報恩講お斎ご接待

8-131128真宗本廟様 報恩講お斎ご接待
 そして、なによりもの楽しみが、目を奪われるすばらしい紅葉…
 宗務所から大寝殿、宮御殿へ…、ご本山の建築様式との組み合わせがみごとです。
 一瞬にして娑婆から浄らかなお浄土への世界が広がります。

 午後は四国「紙のまち資料館」のみなさんが工房にご来場…、ギリギリ間に合い「技術の伝承」についてお話をさせていただきました。そして今、銀座です。LAOX銀座本店の開店…、なんとか間に合いました。

 報恩講期間中は年々忙しくなるのですが、お斎のお手伝いだけは続けたいものです。来年もどうぞよろしくお願いいたします。













susumukobori at 23:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2013年11月04日

宿願寺様落慶ご法要

 こんにちわ!お仏壇ものがたりの小堀です。

 昨日は山梨市 真宗大谷派 宿願寺様の「本堂・客殿・書院 落慶法要」にお詣りさせていただきました。
 永代供養墓や境内の庭園と水屋…、なにもかもが見事に立派に完成されおめでとうございます。
 平成21年1月の発議から4年と9カ月、永い間のご苦労が実を結び衷心よりお慶び申し上げます。

1-131103山梨市(東)宿願寺様落慶法要
 秋晴れのいいお天気です。



2-131103山梨市(東)宿願寺様落慶法要
 気持ちのいい法要日和となりました。



3-131103山梨市(東)宿願寺様落慶法要
 稚児行列が終わり記念写真



4-131103山梨市(東)宿願寺様落慶法要
 お荘厳お仏具のご用命を賜り心から感謝申し上げます。



5-131103山梨市(東)宿願寺様落慶法要
 解放感のある明るいご本堂が一層お浄土を現します。



6-131103山梨市(東)宿願寺様落慶法要
 いよいよ御法要が始まります。



7-131103山梨市(東)宿願寺様落慶法要
 表白です。



8-131103山梨市(東)宿願寺様落慶法要
 厳粛にご法要が執り行われました。響流十方…、平鑿でフェードアウトです。


 記念式典では、感謝状並びに記念品を頂戴しまことにありがとうございました。

 お祝いのご挨拶が記憶に残ります。
 「立派にご本堂が完成、でもほんとうにたいへんなのはこれからなんですよ。お念仏の救いの尊さを味あわせてもらい心のより所として子や孫へ伝えていくのですよ。」

 荘厳された新品のお仏具…、
 私たちも、お仏具が完成したその日から、風格が備わるよう品質を守る役割が始まります。

 福田課長、中澤君、おつかれさまでした。納入後の品質点検…、よろしくお願いします。




susumukobori at 17:33|PermalinkComments(4)TrackBack(0)clip!

2013年10月20日

心ひとつのご法要

 兵庫県家島の長圓寺様 親鸞聖人七百五十回御遠忌法要にお詣りさせてもらいました。
 ご法要直後のご寺族とお檀家の皆さんの喜びの声と笑顔…、
 お寺に集まる人々が心ひとつにまとまっていく姿を目にし、なんとも微笑ましく嬉しくなりました。


1-家島 長圓寺様 御遠忌法要
 姫路港から35分の船旅です。



2-家島 長圓寺様 御遠忌法要
 御本堂再建後、2002年にお仏具をご納入させてもらいました。



3-家島 長圓寺様 御遠忌法要
 今回 お内陣内装工事のご用命を賜り御礼申し上げます。



4-家島 長圓寺様 御遠忌法要
 御開山御厨子です。



5-家島 長圓寺様 御遠忌法要
 ご法要が厳粛に厳修されました。



6-家島 長圓寺様 御遠忌法要
 漆塗り金箔押し表具工事で見事なお浄土を完成されました。



7-家島 長圓寺様 御遠忌法要
 研ぎ澄まされた敷居にお内陣の柱がシャープに映り込みます。



8-家島 長圓寺様 御遠忌法要
 角が立つ長押鴨居の漆箔が一層厳粛な気持ちにさせてくれます。



9-家島 長圓寺様 御遠忌法要
 敷居金具は阿弥陀堂様式の綸子彫りで、足元に優しい控えめな色艶仕上げです。


 御遠忌ご法要、おめでとうございました。
 そして、島のお檀家皆さんのご懇念により立派にお荘厳を完成されお慶び申し上げます。
 また、当社にお荘厳お仏具並びに内装一式のご用命を賜り、まことにありがとうございます。心から感謝申し上げます。

 島の皆さんには、今日からさらにお念仏のみ教えを深められる始まりのときだと思います。
 私たち小堀には、高い品質の維持に徹したアフターサービスを努める始まりのときです。
 次のご遠忌800回に向かい、ぜひこれからも世代を超えたご縁を賜りますようお願いを申し上げます。
















susumukobori at 22:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!