2017年02月23日

人の振り見て我が振り直せ

 今日から入院、4クール目の抗がん剤がです。病室で久しぶりのブログを書いてます。

1-工房見学 デザインウィーク京都の皆さん

2-工房見学 デザインウィーク京都の皆さん
 昨日は京都経済同友会より「デザインウィーク京都」の皆さんが工房見学にお越しでした。

 今回のデザインウィーク京都のテーマはオープンファクトリー…、共感します。

 当社工房は技術の伝承が難しい日本の伝統技術に関心をもってもらおうと、工房の見学や体験のお誘いをしています。

 工房での見学や体験はコミュニケーション、共感工房です。

 乾燥中の仏具の材木、“触ってみてください、何の木でしょうか?”

 道具を手にしてもらい、“うるしを塗る刷毛は何の毛でしょうか?”

 職人さんの設計図、杖(つえ)やミニかんなも持ってもらいます。

 木やうるしの匂いを感じてもらいます。

 「知」より「感」、右脳の記憶容量は左脳の100万倍といいます。

 聞いた説明はなかなか覚えられません。しかし感じたことは記憶に残ります。

 職人さんの技と精神をぜひ感じてください。



3-工房見学 デザインウィーク京都の皆さん

4-工房見学 デザインウィーク京都の皆さん
 午後もデザインウィークでのご縁の方々にお越しいただきました。

 私が病気不在中にこちらの女性社員が代役を務めてくれていたのですが、今日始めて社員のプレゼンを聞きびっくり…、私よりもうんと上手で判りやすい。

 一方的に説明するのではなく、お客様に質問を投げかける。お客様が応えてくださってる。これこそコミュニケーション、共感工房です。

 きっと、私のプレゼンを見てお客様の細やかな視線を感じていたのでしょう。自然に伝える力を身につけてくれてました。

 人の振り見て我が振り直せ…

 社員がこうした方がいいと思いますよといっても耳をかさなかったでしょう。

 お客様とのコミュニケーションをとる様子を目の当たりにして納得…

 いい経験をさせてもらいました。

 感謝です。


トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔