2017年01月06日

仏飯器の遷り変わり

 ご飯を盛る器を仏器(ぶっき)または仏飯器(ぶっぱんき)といいますが、大谷派と佛光寺派は盛槽(もっそう)を使って筒型に盛ります。蓮の実を表します。浄土真宗の他の派は円く盛ります。蓮の蕾の形です。

 本来、ご飯は「盛る」ではなく「よそう」といいます。「装う」は身だしなみを整えるということなので、お仏飯は法式(ほっしき)にかなった形で供えたいものです。


170106仏飯器の遷り変わり

 仏飯器の形はずいぶんと遷り変わりました。

 奈良時代の仏飯器は托鉢の鉢です。本来、両手で受ける人に両手で渡す。修行をする相手を思いやる姿勢です。置くと倒れてしまうので平安時代に台がついた形になりました。この時代のお仏飯は両手で持つ形です。鎌倉時代になると柱ができ、江戸以降は柱部分が長くなっています。片手でも持てる形になりました。

 この頃は「仏器上げ」という便利な道具があります。炉端焼きで棒にのせて差し出すように、棒の先っぽに仏飯器を乗せて供える。

 両手で出す限り拳を上げることはできません。信頼できる相手への好意を含んだ態度です。一方、片手で出す。これは相手に好意がない態度。もう片方の手はいつでも攻撃ができるということ。

 この仏器上げは当店でも販売しておきながら言いくいのですが、たいせつな方にはていねいに両手で出したいものです。仏飯器の形が変わってもお供えする気持ちがたいせつです。

 ところで、誰よりも大切なあなた…、ご飯は両手で出してもらってますか?そして両手でいただいてますか?


susumukobori at 20:34│Comments(0)TrackBack(0)clip!仏事百科 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔