2017年01月02日

正月の家庭行事

 2017年、新年明けましておめでとうございます。

 例年ならウォーキングで始まる元旦の朝ですが、ゴンタくん!もう少し待っててね。

1-170101お正月の行事
 暮に退院で今年はお節もあきらめかけていました。ところが、年末の忙しい中を妻が家族のために深夜まで心をこめて手作りしてくれました。ひたすら、子や孫が喜ぶシーンを思い浮かべてつくる母の心です。利他の精神にただただ頭が下がります。

 今、日本家庭の伝統行事は減少傾向で寂しい限りです。正月のお節に始まり、桃の節句、お彼岸お盆の行事などなど。

 理由のひとつに家族のカタチが変わったということがあります。標準世帯という言葉が消え、最多は高齢者単独世帯。家には伝統行事に詳しかった祖父母もいない。伝統行事なんてお金もかかるしめんどくさい。

 一方では、ハロウィン、クリスマス、バレンタインに恵方巻き…、商業ベースにあおられて若い人たちが盛り上がる姿にどうもなじめません。きっと年寄り扱いされてさらに寂しさを感じることになるのでしょう。

2-170101お正月の行事

3-170101お正月の行事
 父のお墓詣りです。親鸞聖人御荼毘所がある延仁寺さん。墓石を磨き、お花を立て、お線香をあげる。手入れと準備をしているうちに厳粛な気持ちになれます。

4-170101お正月の行事
 真宗本廟 東本願寺さんに初詣です。昨年10月に御影堂門菱灯籠の修復が完成、納入させていただきました。

5-170101お正月の行事

6-170101お正月の行事
 参拝接待所ギャラリーで「真宗本廟両堂等御修復展」が開催中、50年前の修理の様子に父の姿があります。昭和の修復から今回の平成修復へ、宮殿を分解するときはまるで明治宮殿師との智恵比べ。当社宮殿師が鋭い感覚で構造を解明してくれ無事修復が完成しました。

7-170102お正月の行事

8-170102お正月の行事

9-170102お正月の行事
 そして今日、最愛の孫たちに囲まれて…、ゴンタくんも庭でサッカーに興じ幸せです。そして、妻の両親、妹のお墓参りへ…、皆が静かに手を合わせてくれます。

 おかげさまで元気にいつものお正月の行事を迎えることができお世話になった皆さんに心から感謝いたします。

 医師からはあまり人の多いところは避けてくださいといわてますが、東本願寺さんではそれほど混雑もなく心静かにお詣りできます。

 “また来年も同じお正月の家庭行事が迎えられるよう、健康復活に向けもう少し治療に励みます。御影堂で親鸞聖人に手を合わせ、南無阿弥陀仏 合掌。

 本年もどうぞよろしくお願いします。


トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔