2016年08月30日

Vision 心の豊かさを世界に広める

プレスリリース
  プレスリリース、名古屋で開催の第8回寺院運営セミナーです。仏教界活性化の一助になればと願ってのことですが…、アジアに出て日本を見ると、ちょっと考え込んでしまいます。



1-141105和顔施・悲願施
 タイの国民は僧侶を尊敬します。托鉢僧の前で履物を抜いて身体を引くして手を合わせます。

 ベトナムの21歳の女子大学生は毎朝お仏壇に手を合わせます。あなたは特別でしょ?と尋ねると、友人も皆がそうしているといいます。



上海 静安寺
 中国でお寺に行くと多くの若い女性が熱心に合掌しています。お寺にお詣りにくる中国の人たちはタバコを捨てる人はいません。きちんと列にも並びます。お行儀がいいのです。


 戦争が記憶に残るというベトナムの人たち…
 企業の平均寿命がわずか3年というストレス社会の中国の人たち…

 経済で心の豊かさを得る事ができないと気付き、仏門に入るエリートたち。

 日本とどこに違いがあるのでしょうか…

 宗教界だけではなく社会全体の問題として捉えたいものです。

The Thai people respect a priest.
The people take off footwear in front of a priest. And they pray.

The Vietnamese girl student pray to Buddhist altar every morning.
I asked her. Are you special?
She said. My all friends do that too.

When I went to the Chinese temple, there were many pious Buddhist people.

I was surprised at an Asian Buddhist, they made me happy.

Japanese people used to be pious Buddhist when I was child.
I think that is really unfortunate.


susumukobori at 13:42│Comments(0)TrackBack(0)clip!広報 | ミッション

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔