2016年05月12日

異文化を受け入れるお仏壇ハッピーエンド物語

 こんばんは、お仏壇ものがたりの小堀です。病院でブログを書いています。今日から抗がん剤治療2クール目の入院です。
 入院は3日間の予定ですが、ガンとの闘いは、仕事スケジュールとの闘いの様相を呈してきました。

1-海外から涙の工房見学

2-海外から涙の工房見学

3-海外から涙の工房見学

4-海外から涙の工房見学
 今週は中国、イギリス、フランスから工房見学にお越しいただきました。そして名古屋からご住職様も…

 プレゼンツールは、英語・中国語・台湾語・ロシア語・スペイン語が用意できます。

 海外の人に、私たちの理念、想いが伝わるだろうか…

 最初の頃は心配でしたが、実は日本人以上に伝わります。

 大きな拍手、笑い、涙…、感動を全身でお返ししてくださいます。



5-海外から涙の工房見学

6-海外から涙の工房見学

7-海外から涙の工房見学

8-海外から涙の工房見学
 イギリスからお越しの、Mr.Bruno-san and Mrs.Caryn-san は、私の長男がたいへんお世話になったお客様です。

 日本の伝統技術に関心を持たれ、日本の文化を愛され、私たちの仏具をご用命いただいています。

 杯(さかずき)に貼る、金箔押し体験にたいへんお喜びいただき、ご熱心にチャレンジしていただきました。

 今日は急きょテレビカメラ(ガイアの夜明け)が入ることになりましたが、快くご協力をいただき御礼申し上げます。Sincerely thank you for your support.



9-海外から涙の工房見学

10-海外から涙の工房見学

11-海外から涙の工房見学

12-海外から涙の工房見学
 プレゼンのクライマックス、「お仏壇ハッピーエンド物語」へと続きます。

 How do our Butsudan and other articles help people? We explain it with Butsudan Story with a Happy Ending.



13-海外から涙の工房見学

14-海外から涙の工房見学
 スタッフからささやかなお土産をお渡し、最後のご挨拶です。
 Mr.Bruno-san and Mrs.Caryn-san.I want to say "Thank you for coming our company Obutsudan factory." I really had a great time with you. I'm looking forward to seeinng you again soon.


 すると、ブルーノさんが立ち上がり、御礼を言いたいとおっしゃり、長男拓へのメッセージが書かれたお土産を手渡される。

 ブルーノさんの目には大粒の涙が…、言葉になりません。私たちの理念「お仏壇ハッピーエンド物語」を全身で受け止めていただき、ブルーのさんと拓とが涙のハグです。

 たいへんお綺麗なMrs.Caryn-sanはその美しいシーンに涙して微笑んでおられます。もう私もこらえることができません。

 小堀京仏具工房が、異文化であっても自利利他の思想を互いに受け入れることができるが共感の場となったのです。

 「お仏壇ハッピーエンド物語」には世界の多様な文化や異なる思想をも受け入れる力がある。ほんとうにありがたいことです。感謝の気持ちでいっぱいです。


 It was wonderful spending time with you
 We challenge impression marketing.
 Becaus、People will forgot what you said. But peopl will never forgot how you made them feel.
 感動の工房見学…、世界のすべての国の人に感動してもらえるよう一層心に磨きをかかけます。

 Our pleasure to be a help of people who has difficulties and pains in minds…
 I wish to pass down this spirit for years and years
 with hands clasped in prayer
 Gassho 合掌



トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔