2016年05月07日

久しぶりのうれし涙

1-150507孫の新体操

2-150507孫の新体操
 連休に孫Meiさんの新体操の応援に行きました。

 5月3日は「新体操中学春季総合体育大会」、会場は聖母学院体育館
 5月5日は「天王山杯新体操親善大会」、大山崎体育館でした。



3-150507孫の新体操

4-150507孫の新体操

5-150507孫の新体操
 総体では個人総合2位、種目別でフープとロープが3位でした。京都新聞にも掲載されてました。「吉田」です。

 表彰式で名前が呼ばれたとき、娘(Meiさんの母親)と顔を合わせ“えっ!”…。言葉になりません。涙をこられるのが精一杯でした。

 “Meiさん、おめでとう。ほんとうによくがんばりましたね”

 遠くにいるMeiさんに心の声で伝えました。

 “じ〜じ、まだまだなんだよ”と心の耳に聞こえてきました。

 これでいいと慢心した瞬間から退歩が始まります。

 高い技術をもつ仏具職人さんと同じです。“まだまだです。一生勉強です。”と言い続けます。

 試合では結果がでるときがあれば、でないときもあります。

 「未熟だから成長できる…」、未熟を自覚し、情熱と気力、モチベーションを持ち続け、より高い目標に向かってチャレンジする。

 病気加療中の私には、何よりもかけがえのない励みをもらい感謝です。

 Meiさんの姿を思い浮かべ、爺もまた明日からがんばります。

 “Meiさん、ありがとう!”、心の声は届いてるかな…


トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔