2016年01月28日

京仏具工房こども見学会

1-小堀京仏具工房こども見学会

2-小堀京仏具工房こども見学会

3-小堀京仏具工房こども見学会
 今年も百々小学校5年生のみなさんが小堀京仏具工房に来てくれました。
 地域の伝統産業「仏壇仏具」を身近に感じてもらおうと2004年から始めた活動で今回で13回目です。
 3クラス110人の子どもたち、元気です。工房がいっきににぎやかで明るくなりました。



4-小堀京仏具工房こども見学会
 自然乾燥中の紅松材です。触ってみるとザラザラですが、カンナで引くとつるつるになるのですよ。



5-小堀京仏具工房こども見学会
 「木地の部屋」では、御宮殿(ごくうでん)と呼ばれる大型仏具の製作中です。職人さんの設計図「杖(つえ)」です。



6-小堀京仏具工房こども見学会
 「塗りの部屋」です。うるしを塗るこの刷毛は何の毛でしょうか?



7-小堀京仏具工房こども見学会
 「金箔の部屋」です。ここでも漆を接着剤に使います。ここでも御宮殿(ごくうでん)の金箔押し作業中です。



8-小堀京仏具工房こども見学会

9-小堀京仏具工房こども見学会
 全員、交代でカンナ引きの体験です。ザラザラの乾燥中の木がツルッツルになりましたね。

 学習テーマは、
  「生き方をみつめて」 小堀京仏具の仕事を知ろう!です。

 子どもたちが知りたいこと、学びたいことはモノだけではなかったのです。
 いのちある材料を大切に使い、ていねいにお仏具作りをする職人さんの思いは伝わりましたか?

 私たちがつくったお仏壇に手を合わせ、涙をながして喜んでくれる人がいる。心を込めてつくるとは、そんなシーンを思い浮かべることができるかどうかです。
 
 
 次回2月10日は、金箔押し体験です。質疑応答タイムもあります。一人ひとつ以上、質問を考えておきましょう。
 
 おつかれさまでした。では次回も元気な姿を見せてください。


トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔