2015年12月06日

講演御礼、経営者から教育者へ

1-151205京都教育研究会講演

2-151205京都教育研究会講演

3-151205京都教育研究会講演
 宮津で開催された先生方の研修会で講演でした。校長・副校長・教頭先生他、大勢の教論の皆さんに90分の講演をさせてもらいました。

 5年前、「副校長・教頭・事務長講座」にご参加いただいた先生が、「自分が研修会の幹事をするときには小堀さんに講師をお願いしようと、そのときから心に決めていました。」とおっしゃっていただき、たいへん光栄の至りです。厚く御礼申し上げます。

4-151205京都教育研究会講演

5-151205京都教育研究会講演

6-151205京都教育研究会講演
 演題は、「お客様満足から感動へ」
 内容は、「ビジョン」「会社紹介」「顧客感動化」「顧客永代化」「理念・使命」です。


 実は、先生方への講演では、最初は仏壇屋さんの話に期待する人はおられません。以前には、“なんで仏壇屋さんの話なの?”と、違和感を感じたという先生もおられました。

 それはしかたのないことです。これまでにご一緒させていただいた講師の中には、オリンピックの金メダリストや名のある偉い先生方…。

 私の方も、“校長先生の研修会に私でいいの?”と、強い違和感を感じていましたから。
 
 でも今では、それがかえってやりやすい結果となっています。話をするのが楽しめるようになりました。

 なぜなら…、みなさんの期待値が低いから。

 期待値が低いとそれを上回るのにプレッシャーもありません。よけいな緊張感もありません。それに、講演の最初と最後では明らかに変化がある。これがホント楽しいのです。

 メモをとりはじめたはる…
 気難しいそうな先生が笑わはった…
 後にもたれてた人が前のめりになったはる…
 音楽で目が覚め、“うんうん”とうなづいたはる…
 うつむいて資料を見てたのに刺すようにこっちを見たはる…

 そして何よりもありがたいのが最後の拍手。何回も大きな拍手をくださる。


 冒頭に、今年6月に作った私のビジョン「心の豊かさを世界に広める」を5分間のムービーで観てもらいました。

 本年当社が「創業240周年」「京都開店120周年」を迎えましたが、この佳節は、私たち商店としてのあるべき姿を追究し、原点を見つめ直す絶好の機会でもあります。

 タイの托鉢僧から気付きをもらった「和顔施」…、布施はモノや財だけではない。心の布施がある。ビジネスも結局は人を幸せにするということ。ここに社会的ビジョンの原点があります。

 社会性を追求し、世界の人々にどのような喜び・幸せをお届けできるか。その手段に小堀の製品・サービスを使ってもらえる状態を目指し、独自のブランドを育てます。

 経済とは「經世濟民(けいせいさいみん)」、世を經(おさ)め、民を濟(すく)う。教育者も経営者もたくさんの共通点があります。

 ご清聴、ありがとうございました。また多くの皆さんに、拙著「お仏壇ものがたり」をお買い求めいただき御礼申し上げます。

 そして今回、素晴らしいご縁をいただいた研修会のお世話役 Y校長先生、心から感謝申し上げます。

 

susumukobori at 21:19│Comments(0)TrackBack(0)clip!講演 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔