2015年11月27日

大学で講義、ビジョンを伝える

 プレスリリース(143)です。
151127プレスリリース


    京仏具小堀社長が大学で講義
 〜 老舗仏壇店の志・ビジョンを伝える 〜
151127Blog Visson

 「京仏具(株)小堀」(本店 京都市)の社長小堀進が、非常勤講師を勤める大阪市立大学(大阪市住吉区)で学生に講義をし、老舗仏壇店のビジョンを伝えます。

 同大学工学部工学研究科「技術経営論」の講義は火曜日5時限(16:30〜18:00)で、2015年10月6日から2016年2月2日までの間に15回行われ、小堀進社長は12月22日火曜日の第11回で講義を担当します。
 講義では、仏壇をめぐる様々な人の想いや物語を書いた社長の著書「お仏壇ものがたり」を学生に配布し、老舗仏壇店における志を伝えます。
 同社では伝統の京仏壇・京仏具業界ではいち早く、情報一元化とネットワークによる共有化など、IT化による経営革新に取り組み、経済産業省「中小企業IT経営力大賞」他の認定を受けています。ITを活用した仏具の製作工程報告や感動の工房見学等の新しいサービスを小堀進社長自らが主導し、お客様変化に対応してきました。講義ではそれらの事例だけではなく、実践を支えている根幹となる志や使命・理念を伝えます。
 経済性の前に社会性を事業の優先順として世界展開を目指す小堀進社長のビジョンは「心の豊かさを世界に広める」です。日本人の自利利他、他を思いやる仏教的な生き方を世界に広める一助となることを願い、大学や企業研修、同社工房見学会などでの講演活動を積極的に行っています。
 小堀進社長は、「社会貢献活動を優先としたビジョンを学生や企業に発信し、日本人のリードで平和や平穏を求めて世界の人々の心がまとまっていくことにつながればいい」と想いを語ります。


トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔