2015年05月16日

新入社員歓迎会

1-150517新入社員歓迎会
 新入社員のみなさん、あらためましてご入社おめでとうございます。今年もこうして歓迎会ができることを喜び感謝したいと思います。

 この一年は、お祝いごとか多すぎて戸惑うほどです。会長の褒賞、創業240周年・京都店開店120周年、そして、育児休暇中の三人の女性社員にお子さんが誕生されたことをたいへん嬉しく思います。新しいいのちです。おめでとうございます。

 育休中の女性社員が誕生3カ月のお子さんと一緒に参加してくれました。たいへんな中をよく来てくれました。皆で大歓迎…、ほんとうにありがとうございます。

 5年後、10年後のお子さんの姿、夢を思い描かれることと思います。こんな子に成長してほしい。未来の姿を思う。これがビジョンなんですね。

 会社も同じです。10年後の姿に向けて思いを強める。そのためには、本気になってもらいたい。やる気を強めてもらいたい。

 こういった会社の行事や会議、それから社員ブログ、何のためにやるのか?目的は何なのか?

 結局は、今日よりも明日にやる気が強まっているということ。意欲的になっているということ。そういうことです。そのために、価値観の異なる人を理解するきっかけになってほしい。ですからこういった行事に一切参加しないのではダメなんですね。

 夢の国、ディズニーが完成する前年にウォルトが亡くなったのですが、ようやく完成したとき「ひと目ウォルトに見せてあげたかったですね」と人々がウォルトのお兄さんのロイにいいます。

 ロイは「世界中で、このディズニーをいちばん最初に見たのは、ウォルトですよ。ウォルトが最初に見たからディズニーができたのです」と答えました。

 まさかフロリダに夢の国ができるなんて誰も信じなかったのですが、ウォルトが本気で叶えたいと思った夢が実現した結果です。

 夢は行動の先にあるものではなく、行動の手前にあるということ。ビジョンがあると人ととのご縁も、入ってくる情報も変わり実現しやすくなります。

 新入社員の皆さんにはもちろんですが、先輩社員も、そしてお生まれのお子さんにも、ぜひ目指す姿、ビジョンをお持ちいただきけたら…、そう思います。



2-150517新入社員歓迎会
3-150517新入社員歓迎会

4-150517新入社員歓迎会
 我社のこういった行事では、必ずサプライズをやります。小山薫堂さんの「人を幸せにする」「連帯感を生むサプライズ」、そんな内容の本を何冊か読んだ影響です。
 私も好んでサプライズを実践します。ムービを作ってユーチューブに限定公開…、サプライズを仕掛ける側も楽しんでます。



6-150517新入社員歓迎会
 先輩社員から新入社員へのメッセージカードです。一年先輩の社員が幹事です。一年前に自分たちが歓迎されたときの経験を歓迎する側となって活かしてくれます。開宴前には念入りにリハーサルもやってくれます。どんなサプライズがあるのか、たいへん楽しみです。



5-150517新入社員歓迎会
 最後になりましたが幹事のみなさん、お世話をいただいてありがとうございます。皆の笑顔が宝物です。

 追伸:こういった行事の度に気になるのが支店のみなさんです。本店だけでの行事となりたいへん申し訳のないことですが、出張の際には勤めてご一緒させてもらいますのでよろしくお願いします。

 





susumukobori at 23:58│Comments(0)TrackBack(0)clip!イベント 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔