2015年05月13日

プレスリリース 寺院セミナー開催

150514名古屋経済記者クラブ
 名古屋でプレスリリースです。第7回目の寺院運営セミナーを開催します。



1-150514寺院運営セミナー

2-お寺の終活とエンディングノート
 内閣府の平成24年版高齢社会白書「死亡数の将来推計」によると、2010年1197千人であった死亡数は2040年には1669千人となり、30年間で1.4倍近くにまで増加します。

 そのような社会の変化により、人生の終わりのための活動である「終活」について、多くの人々が関心を持つようになりました。

 今、ここに寺院が果たす役割は大きいものであると考え、セミナーを開催することになりました。

 人々が自分の死後を考え、そのことがきっかけとなって教えに触れる。生きている間に寺院と一般の人とがつながり、不安を除去することも寺院の務めです。

 セミナーの講師には、「終活読本 ソナエ」編集長の赤堀正卓氏と寺院デザイン代表取締役薄井秀夫氏をお迎えします。

 また、セミナー終了後に講師の先生を招いて懇親会(希望者)を開催し、交流機会とします。
 
 今回でセミナーの開催は第7回目を迎えます。毎回、全国から問題意識の高い僧侶が参加されますが、今回は一般の方や宗教用具業界の方の参加もできます。

 セミナーの概要は次の通りです。

・講義内容/「終活とお寺の未来」(赤堀氏)、「寺院活動にエンディングノートを活かす」(薄井氏)
・日時/平成27年6月16日(火)午後1時30分〜4時45分
・場所/ガーデンシティ名古屋新幹線口(旧TKP名古屋ビジネスセンター) 8階カンファレンスホール8A 
     名古屋市中村区椿町1-16 (JR名古屋新幹線口徒歩1分)
・定員/60名  
・参加費/10,000円(税込)
・申込窓口/株式会社小堀(075-341-4121)
・主催/株式会社小堀、株式会社寺院デザイン
・後援/名古屋禅センター、寺院コム沙羅開発室

 パンフレットはこちらからどうぞ!

 人生・生死(しょうじ)を見つめ直すとき、お寺に頼って来てもらえるようになればいい。お寺への期待は大きい。

susumukobori at 22:47│Comments(0)TrackBack(0)clip!広報 | イベント

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔