2014年12月31日

穏やかな大晦日のいち日

 こんばんは!お仏壇ものがたりの小堀です。ワインとビール、のんでます。

 何年かぶりに紅白歌合戦を見ながら、超ゆるゆる年末ブログを書いてます。名前を知らない若い歌手に戸惑い、昭和の歌手を観てはほっとする。父もそうだったと、こどもの頃の大晦日を思い出します。




1-141231穏やかな大晦日
 大晦日の朝はゴンタくんと宝ヶ池ウォークです。日本の四季を鮮明に感じることができる大好きな散歩コースの一つです。



2-141231穏やかな大晦日
 京都宝ヶ池、菖蒲園の奥にある公園…、枯れ葉色の冬景色に目が奪われます。



3-141231穏やかな大晦日
 孫たち一家は昨日からディズニーです。その間、ミニチュアダックスフンドのココアちゃんをお預かり。



4-141231穏やかな大晦日
 小が大を追っかけますわすシーンが可笑しくて(笑)。従妹みたいな関係…、仲良しでよかったです。



5-141231穏やかな大晦日
 ラインでいっぱい写真を送ってくれます。孫たちが笑顔を見せてくれるのが至福です。ラインの着信音が鳴るとわくわく…、幸せです。



6-141231穏やかな大晦日
 新体操選手の芽生さんは年末年始が唯一の自由時間、緊張の連続からの解放です。長女が今年初めて家族旅行に参加できる喜びを家族みんなが味わってます。涙ぐましい兄弟愛、家族愛に爺の目にも涙です。



7-141231穏やかな大晦日
 お内仏ご本尊、白檀製阿弥陀如来像のお身拭いです。如来像は菩薩のように宝冠や装飾品をつけません。一枚の衣をつけるだけ。菩薩は修行中ですが如来様は悟りをひらいた人‥、飾り物も持ち物も必要ありません。



8-141231穏やかな大晦日
 1982年に購入した新型仏壇です。私が工程管理する部門に就いたときに二つ製作し、一つは兵庫県のお客様がお買い求めくださいました。“亡くなったお姉ちゃんがワインレッド色が好きだったから‥”と、妹さんが選んでくれました。そのときの様子をわすれることができません。

 お手入れの度に、最愛のお嬢様を亡くされたご両親と妹さんが本店にご来店くださったときのことを思い出します。その後、お念仏の救いの尊さを味合われ、みなさんが穏やかにお暮しになられてることを念じるばかりです。いつか必ずお詣りにお伺いさせていただきたいという思いを持ち続けています。

 暮に私の奥さんが、母をインフルエンザ予防接種と血液検査に連れてくれました。検査結果は“百点満点です!”、先生から太鼓判をおされました。母に伝えると、満面の笑顔で喜んでくれました。

 一年ををふりかえると、ときにはしんどいこともありましたが、皆が元気で新年を迎えられることを慶び感謝し、また来年も希望をもって前進したいと思います。

 一年間ありがとうございました。2015年もどうぞよろしくお願いいたします。


トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔