2014年09月02日

神武天皇陵から綏靖天皇陵陵へ

奈良県立橿原公苑の周囲は興味深い地です。孫Meiさんの新体操競技大会出場の合間に歩いてみました。

1-畝傍(うねび)御領前駅
 近鉄「畝傍(うねび)御領前駅」から歩いて行ける距離に「初代 神武天皇」「第2代 綏靖(すいせい)天皇」「第3代 安寧(あんねい)天皇」「第4代 懿徳(いとく)天皇」の陵がある。



2-神武天皇陵

3-神武天皇陵

4-神武天皇陵
 初代神武天皇陵です。入口から濃い樹木の玉砂利参道を通り抜けると白木の鳥居と御陵前に出る。日曜日お昼間というのに参拝する人は私を含めて4人だけ…、あまりにも寂しい光景です。



5-綏靖(すいぜん)天皇陵

6-綏靖(すいぜん)天皇陵

7-綏靖(すいぜい)天皇陵
 15分程北へ歩くと、第2代綏靖天皇陵です。こちらはさらに少なく参拝者は二人だけ。

 第2代綏靖天皇から第9代開化天皇までがGHQによって教科書から消された欠史八代と言われます。記紀には非現実的な書き方がありますが、竹田恒秦さんの実在説を信じたいと思います。
 
 奈良はわくわくします。以前は近くにくる機会があると訪れてはブログに書いたものでした。
 「最古の箸墓古墳(はしはかこふん)」「飛鳥寺裏にある入鹿の首塚」「梅原猛さんの法隆寺論」…。
 時間をつくって、わくわくするこの地を歴史ウォークしてみたいものです。


トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔