2014年06月20日

生涯記憶に残るお寺様

1- 一生涯記憶に残るお寺様
 小堀主催セミナーは新入社員にもお手伝いをしてもらいます。

 翌日は見学会で、今日は現在内装工事中のお寺様へおじゃまをさせてもらいました。

 通していただいたお部屋にはちゃんとクーラーが入っている。人数分の椅子とテーブルがご用意されている。大勢でお伺いし、たいへんご丁寧にお迎えいただき、ありがとうございました。

 社員の皆にも、おもてなしの勉強になったことでしょう。


 2012年2月1日、私が社長就任の初仕事はこちら萬福寺様のご契約でした。人生には節目がありますが、生涯記憶に残るありがたい一日でした。

 その後、起工式・ご動座式にもお詣りさせていただき、2012年11月には工房見学にもお越しをいただきました。昨年のセミナーには若様にもご参加をいただきました。深まるご縁に心から感謝申し上げます。



2- 一生涯記憶に残るお寺様
 お内陣はうるし塗り工事が完了…、現在塗りの表面を磨く「蝋色(ろいろ)研ぎ出し」の段階です。



3- 一生涯記憶に残るお寺様
 うるし塗り表面を平らに研ぎます。職人さんが使う道具は木炭です。なかなか良質な炭が手に入りにくくなってきました。



4- 一生涯記憶に残るお寺様
 うるし塗りの各工程は、新しい作業段階に入るとこの板にも塗り、進捗をご報告をします。



5- 一生涯記憶に残るお寺様
 担当福田課長が新入社員に説明をしてくれます。お仏具のご修復を含め、すべての完成は11月です。
 
 落慶ご法要、親鸞お聖人750回御遠忌法要が立派に厳修されますよう、責任をもって最高品質のお荘厳をお納めさせていただきます。

 そしてご納入の後は高品質の維持に徹してアフターサービスに努めてさせていただきます。どうぞこれからもご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。

 

 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔