2013年09月20日

こども仏壇工房見学会

 おはようございます。お仏壇ものがたりの小堀です。

 城陽市立今池小学校の児童が小堀京仏具工房に来てくれました。

 私は、以前から小学生の間に伝統技術の体験をしてもらいたいと強く願っています。

 中でも、伝統工芸発祥の地である京都のこどもたちこそ、伝統技術の良さを感じてもらいたいものです。

 昨日は校長先生にもお越しをいただきましてありがとうございます。

 孫と同じ6年生…、工房に孫と一緒にいるときのような楽しい空気が広がります。


1-130919工房見学 今池小学校の皆さん
 来場1時間前の感動ミーティングが終了…、準備万端です。



2-130919工房見学 今池小学校の皆さん
 記念写真の後、3つの班に分かれて見学スタート…



3-130919工房見学 今池小学校の皆さん
 乾燥中の「用材」「木地」「うるし塗り」「金箔」「仕立」、各部屋の見学です。



4-130919工房見学 今池小学校の皆さん
 杯に金箔を張る体験…、同じ条件なのにひとりひとり個性がでます。



5-130919工房見学 今池小学校の皆さん
 私たち小堀のミッション「お仏壇ハッピーエンド物語」の後、スタッフの皆さんからお土産。



6-130919工房見学 今池小学校の皆さん
 お見送りのとき二人の男の子が、“今日はありがとう!これあげる…”箔紙の「折り鶴」をくれました。

 お礼の印にと、知らぬ間にわずかな時間に作ってくれたのですね。嬉しかったです。

 工房が孫と同じ年の児童たちとの共感の場となる。

 工房見学で児童には金箔押しの体験をしてもらうのですが…

 私たち小堀にも工房見学でこころ豊かな意義深い体験をさせてもらえます。

 工房見学に関わるすべての人が互いに思いやりに満ちた優しい経験ができる。

 いや〜〜、工房見学は実に楽しい!

 ご来場、ありがとうございました。




















トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔