2013年08月20日

札幌店ものがたり

 お仏壇ものがたりの小堀です。札幌に入りました。

1-130820新千歳空港
 特急はるか、今日もずいぶん遅れてしましました。相当過密なダイヤになっているのでしょか。飛行機も天候の影響で新千歳空港上空で着陸順番待ち。ずいぶん遅れてしまいました。それでも、昔のことを思うと、移動時間は短縮されました。



2-130820札幌ライラックさん49周年
 平安LCと友好クラブである札幌ライラックライオンズクラブさんの結成49周年記念例会です。おめでとうございます。



3-130820札幌店ものがたり
 会社説明会で使う資料「札札幌店ものがたり」…。
 
 私の曽祖父が東本願寺さんの北海道開教に倣い、毎年夏の2ヶ月間を北海道に出張していました。

 行李(こうり)に詰めた荷物を札幌別院様前の旅館に送り、そこを拠点に道内を国鉄で移動、宿泊はお寺さんにお世話になっていました。

 そして、お寺さんが京都に来られた際には、一宿一飯の恩義をお返し、ビジネスを超えた関係性を作り上げてくれました。

 そのおかげさまで今もなお絶大なるご信頼をいただいているお客様が大勢いっらしゃいます。先人のおかげさまで今もなおビジネスをさせていただいていることに心から感謝です。

 偶然ですが、曽祖父が拠点にしていた旅館の跡地にあるのが当社の札幌店です。

 私は父を心から尊敬していましたが、私の父は曽祖父のことを尊敬していました。革新的な姿勢で仕事に取組み、熱心な真宗門徒でもありました。

 東本願寺さんの明治造営は明治13年(1880年)起工、明治28年(1895年)完成です。明治28年は曽祖父が滋賀県の本家から京都に独立開店をした年でもあります。

 仏具の製作を通じて、東本願寺さん北海道開教の一助になればという想いがあったのだと思います。

 所属する京都平安LCの友好クラブが札幌ライラックLCさんであることに特別なご縁を感じます。これからもどうぞよろしくお願いいたします。

 曽祖父から伝わる「札幌店ものがたり」…、息子たちにも伝え、大切にしなければなりません。














トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔