2013年07月25日

東本願寺さん尾上嶽殉難

1-尾上嶽殉難
 明治期両堂再建のために全国から用材が寄進されました。

 高田教区からは上越市黒姫神社のけやきを伐り本山に献木しました。

 1883年(明治16年)、けやきの大木を本山に運ぶため山間に雪を踏み固めた道をつくり、大ぞりにのせ多くの人たちが曳いて行きました。



2-尾上嶽殉難
 突然の雪崩でお年寄りと女性や子どもらが逃げ遅れ27人の方々お亡くなりになられました。

 東本願寺さん阿弥陀堂前に尾上嶽殉難の風景模型が展示されてます。すごくリアルです。

 雪崩にのまれ血を流し倒れる人々…
 一瞬にして大切な人を亡くされた惨事に心が痛む。



3-南無阿弥陀仏
 本山再建のためにいのちをかけて精一杯の尊い行いをなされた先達に、心からの敬意を表さなければなりません。

 ふだん、何気なしに通り過ぎていたところで見つけた真宗門徒の精神世界…

 阿弥陀堂修復工事に関わる者の一人として、この時代の人たちと心を通わせておきたい。

 御影堂で南無阿弥陀仏…、合掌




トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔