2013年05月19日

父 小堀嘉一 十七回忌法事

 父の十七回忌法要が無事、勤まりました。


1-130519お荘厳も整い
 床の間の掛軸がどこに保管されてのか出てきません。結局、母の一声で御絵伝を法懸しました。



2-130519父の十七回忌法要
 兄弟とその家族だけのささやかな法事です。それでも全員が揃い満堂です。



3-130519お斎
 お斎はグランドプリンスホテル京都「茶寮」、雨の庭…、風情があります。


 兄弟家族が母を囲んで亡き父を偲ぶ…、そのことをご縁として仏法に接します。法事は、親族が絆を深めるご先祖からの尊い贈り物ですね。

 最後に母からの挨拶をお願いしました。「忙しいところを小堀嘉一の十七回忌法事にお集まりいただいてありがとうございます…、おじいちゃんも障子の向こう側から喜んで見たはります。」

 突然にも関わらず皆が心をひとつにできる響くあいさつ。術後の経過も良好で、「回忌」と「快気」の喜びを味わいました。

 89才の母ですが二十三回忌法要も元気で勤めてもらえそうです。母と親族一同に共通の目標ができました。

 最後になりましたが、法事の準備すべてをやってくれたうちの奥さんに感謝!です。
 





トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔