2012年12月31日

お内仏のお手入れ

121231ご本尊お身拭い
 御本尊お身拭いとお内仏のお手入れが終わりました。
 年末恒例、唯一私の役割です。

 12月19日に真宗本廟御影堂九字之間で執り行われた「御本尊身拭い」、
 あの厳粛な気持ちを思い出しながら…

 白檀の阿弥陀如来像を綿棒で丁寧に誇り払いしました。
 仏師松久さんのお弟子、片山球充さんに謹刻いただいた仏像です。

 如来像は1枚の衣をつけただけで菩薩のように宝冠や装飾品を身につけていません。
 菩薩は修行中ですが如来様は悟りをひらいた人なので飾り物も持ち物も必要ありません。

 シンプルな仏像なのでお手入れがしやすいです。



121231お内仏
 お仏具をすべて下げ、一つ一つお手入れです。
 そして打敷をかけてお正月用のお荘厳が完成

 合掌…
 あっ!

 後光の水平が出ていない。
 繊細な造りです。無理のないように直します。

 



トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔