2012年06月08日

涙涙の工房見学

崇福寺様の工房見学会-1

愛知県安城市から妙心寺派 崇福寺様の工房見学会でした。
午前、南禅寺官庁猊下のご法要後、建仁寺様に参拝、小堀京仏具工房にお越しをいただきました。

「技術の伝承」について説明の後、みなさんで記念写真、
 工房内の「木地」「塗り」「金箔」「仕立」の4つの部屋を2班に分かれてご見学です。



崇福寺様 金箔体験-2

 そして金箔体験…
 金箔の厚みは1万分の1〜2ミリ(0.1〜0.2ミクロン)という薄さ、自分の息でも飛んでしまいます。

 近畿地方がいよいよ梅雨入り、京都の最高気温が29度という暑い日でも、エアコン止めての体験になります。
 皆さん、“あつい あつい!”と不平の一言もおっしゃられず、たいへん熱心にチャレンジいただきました。

 礼節のある方々、このあときっと何かがある。そんな予感が…



崇福寺様 お仏壇ハッピーエンド物語-3

 「お仏壇ハッピーエンド物語」のプレゼンテーションの始まりです。
 「私たちがつくるお仏壇に手を合わせ、涙をながして喜んでくれる人がいる…」
 「心を込めてつくるとは、そんなシーンを思い浮かべることができるかどうか…」

 ここでも皆さんは真剣に耳をかたむけてくださる。大きな拍手をくださる。
 何人かのご婦人が涙して聴いてくださっている。

 これまでの人生での悲しみや苦しみを思い出されたそうです。
 人の憂いが見え、仏教的な生き方を大切にされる方々です。

 最後のお見送りでは、
 バスの中から全員の皆さんが見えなくなるまで手をふってくださる。
 蒸し暑い一日でも、工房内にはなんともいえない心地いい空気が残ります。

 お帰りのあと、スタッフの顔は満面の笑顔…、お客様からの贈り物です。
 ご来場ありがとうございました。心から感謝申し上げます。

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔