2012年05月02日

ろうそくアフガンヘ

120502ろうそくアフガンヘ

 日本のお寺さんで使用済み和ろうそくをアフガニスタンへ出荷、
 今日はプレスリリースです。

 5月16日水曜日午前10時30分、小堀京仏具工房で日本通運コンテナに積み込み、横浜の貿易倉庫へ向け輸送します。横浜港からは6月上旬に出航の予定です。

今回は昨年の回収分4643本で、39х29х27センチのパッキンケース40箱につめて送ります。

 2004年月から始めたこの活動も、今回の分を含めこれまでの使用済みろうそくの寄贈本数は6万6千本を超えました。

 そのほとんどがジョイセフさんのご支援によってアフガニスタン・カンボジアなどの国々へ届けられています。

 またろうそく提供にご協力をいただいている日本のお寺様も、のべで790寺院になり、多くの人々の善意によりこの活動が支えられてきました。

 ところが、国際輸送他現地の人々の手元へ届けるまでの費用を捻出するのにも不況の影響がでています。

 昨年から、小堀京仏具工房での体験料、小堀進社長の講演料の一部を寄付、
 また、ろうそく提供のご寺院様にも「輸送費寄付」と「書き損じはがき」の提供を呼びかけてます。

 現地では、ランドセルやろうそくの寄贈により、子どもたちの勉強意欲が高まっています。識字率向上は人口増加率を抑制しますので、人道支援にとどまらず温暖化を抑止する有効策になります。

 この活動は、広げることよりも長く続けることを目標に、これからも取り組んでいたいと思います。


トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔