2011年10月19日

最古の古墳

纏向遺跡の箸墓古墳


 昨日、奈良へ行くついでに寄ってきました。

 竹田恒秦さんの「日本人はなぜ日本のことを知らないのか」を読んで、どうしょうもなく気になってしまって…

 三世紀中期に造られたという纏向遺跡(まきむくいせき)の箸墓古墳(はしはかこふん)です。

 日本は世界最古の国…、日本の建国はここまで遡ることができるという説がたいへん興味深く、ワクワクします。

 日本の建国は日本人が文字を使いはじめる前のこと…、口伝で伝わったことが記紀に書き留められたという。

 箸墓古墳はJR巻向駅から歩いて10分ほどのところにある。

 現存する世界最古の国家である日本を表す遺跡がある駅というのに、

 人もいない、長い歴史を表すものもほとんどない、静かな風景です。

 梅原猛さんの法隆寺論ど同じように、

 奈良にはワクワク・ドキドキするところがいっぱいある。

 買ったばかりのイチデジで、たくさん記録に残しておきたいと思う。

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔