2011年07月21日

鴨川で見る鳥、浄土で見る鳥

鴨川でよく見る鳥たち

 鴨川でよく見る鳥たち…

 ウォーキングコースに掲示されてます。


浄土でよく見る鳥たち

 こちらは、

 極楽浄土でよく見る鳥たち…

 六鳥です。

 右から、

 白鵠(びゃっこう)・孔雀(くじゃく)・鸚鵡(おうむ)・舎利(しゃり)・迦陵頻伽(かりょうびんが)・共命(ぐみょう)

 中でも仏の心を表しているのが「共命」

 「共命」は、一つの身体に頭が二つある実在しない鳥。

 争いばかりの毎日で憎しみ合うようになり、相手がいなくなれば幸せになれると考え毒を飲ませました。

 しかし一身二頭の鳥、身体は一つなので当然「共に命を」落としてしまいます。

 他を滅ぼすことは、実は自分を滅ぼすことになると教えてくれているのです。

 お互いのいのちを尊重しあって生きる、それが仏の心ということです。

 

 松下幸之助さんは、とにかく人の話を真剣に聞かれたという。

 自分とは異なる意見に耳を傾ける寛容さ…

 朝歩いているときは、そんな精神を大切にしたい思うのだが

 いざ、家に帰ると…、出社すると…、会に参加すると…

 だめなんですな〜これが、

 修業たりまへんな〜

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by はにー   2011年07月23日 16:37
下の写真は、昔のパチンコ台かと思いました
2. Posted by 小堀 進   2011年07月23日 17:58
ガクッ!(笑)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔