2010年09月26日

親鸞聖人が通った比叡山

 修学院〜鷺森神社〜雲母坂(きららざか)、ここまで自宅から50分

1.きらら橋

















 親鸞聖人御旧跡、9歳の親鸞聖人が青蓮院から登った雲母坂 ‥
 一歩一歩、厳粛に登っていこう!

2.親鸞聖人旧跡の石碑

















 雲母坂は御所の勅使も通ったので勅使坂とも言われる。
 えぐられた川底のような急坂‥、きつい!息が切れる。
 最澄も、法然も、道元も‥、多くの高僧が通った修行道
 山道は仏に近づく参道‥

3.きらら坂

















 水飲対陣跡碑を通り過ぎたところで突然視界が広がる。
 “うわあぁ〜”、絶景に自然と声が‥
 ふだん登ってる宝ヶ池がこんなに低く見える。

4.水飲対陣之跡碑近くから宝ヶ池方面

















 ゆるやかな坂、樹木の隙間からわずかに光りが入り込む‥
 気持ちが和む。

5.樹木の行の道

















 叡山ケーブル駅の近く
 天気がよく京都市、絶景!
 まるでお浄土‥

6.京都市一望


















 29才の親鸞聖人はきらら坂を下山、六角堂に籠もる。
 私はケーブルカーで下山、娑婆に戻る。


 2時かかけて登ったのに9分下りるのはもったいない気もするけど‥

 ここから言い訳‥
 先月腰痛で医者へ行くと「第5腰椎分離すべり症」
 先生!山 登っていいでしょうか?
 登りはいいけど下りはダメ!
 えっ、山に籠もっとけということ?


 森で仏教性を味わう‥、爽快な朝でした。

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔