2010年04月02日

お寺さんで講演

三重県(西)西勝寺様で講演

















 昨晩は、三重県四日市市の(西)西勝寺様で60分お話をさせていただきました。

 タイトルは、「技術の伝承」と、生きる力――“お仏壇ハッピーエンド物語”



 1982年にお内陣天井板のご特命を賜りました。

 競合ではなく、弊社だけを指定しただいたその理由は‥、

 前住職様が、仏具の部品を求めて京都の仏具店を探し回られました。

 ところが、どこの店も‘部品だけの販売はお断り’

 あきらめかけておられたとところ、当店で部品をお求めいただき、親切な対応だったそうです。

 将来大きな買い物があったときには、必ず小堀で!

 そのときからお決めいただいていたのでした。

 ありがたいことです。

 

 西勝寺様では、毎月の一日、勉強会を開催され既に250回以上続けておられます。

 講演前の正信偈で驚き‥

 なんと、お檀家さんが当番制で導師を勤められ、御文まであげられる。

 お寺とお檀家さんとの関係を代々親密に築いてこられたからなのでしょう。

 御本堂には、ご信心深い篤いお心をお持ちの方々であふれています。



 この様子を見て、父が亡くなるまで続いていた在家報恩講を思い出しました。

 父は晩年、熱心な真宗門徒となり、自身が導師と法話まで勤めていました。

 小さい孫たちに大切なことを語りたかったのでしょう。

 シベリア抑留で体験した極限の過酷な体験を、

 時代が豊かになっても忘れてはならいと語り続けていました。



 つたない仏壇店の事例にの真剣に耳をかたむけてくださる。

 貴重なお時間を頂戴し心から感謝申し上げます。

 合掌

 
 ◆担当明石課長、夜遅くまでお疲れ様でした。

susumukobori at 19:09│Comments(2)TrackBack(0)clip!講演 | お寺さん

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 明石   2010年04月02日 23:56
遅くまでおつかれさまでした。
今回はお寺様とお檀家様の関係性の深さとういうのが見えたような気がします。
また当社とお檀家様との間にある壁のようなものが、この講演をきっかけに低くなったような…

終了21時ぴったりの講演、ありがとうございました。
2. Posted by 小堀 進   2010年04月03日 19:25
明石課長の方こそおつかれさまでした。
帰りにはわざわざ遠回りなのにおくってもらって申し訳なかったです。
来月もヨロシク!です。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔