2010年03月09日

いよいよ明日、セミナー開催

100309セミナー会場「仏教伝道協会」 いよいよ明日・・・

 「納骨堂・永代供養墓運営セミナー」の開催です。

 以前からやってみたいと思っていたことが実現‥

 ワクワク、ドキドキです。

 セミナー開催の相談をもちかけたところ、“やりましょう!”と意気投合、
 講演と企画から準備の一切に全力をあげていただきました株式会社寺院デザインの薄井様‥

 お忙しい中を、ご講演をこころよくおうけいただきました慶応大学教授の中島隆信先生‥

 司会のムリをお願いした我社OBの福嶋君‥

 そして、全国ずいぶんご遠方からもご参加をお申し込みくださいましたご寺院様‥

 ほんとうにありがとうございます。衷心より感謝申し上げます。



 夕食の前に明日の会場「仏教伝道協会」さんを見にいってきました。

 今日の東京は、雪!
 
 新幹線もダイヤが乱れていました。

 明日の天気が心配です。



 セミナー受付開始の2月始め頃は、お申し込みが2〜3名しかなく、寝られない日もありました。

 セミナー開催なんて、ムリしなければよかったのかな〜
 
 甘くはなかったか〜

 久しく落ち込んでしまいましたね。


 ところが、

 締切日の数日前から一日に何人もの方からのお申し込みが続きます。

 イッキに多くの方からご参加表明を頂戴し、

 とうとう、定員30名をはるかに上回る43名のお申し込みとなりました。

 これからのことを真剣にお考えのお寺さんがこれほど多くいらっしゃるということ。

 セミナーが未来を語り合える素晴らしいご縁のきっかけになりますよう願います。

 
 最後に、受講表や懇親会の案内、受付名簿の他、舞台裏業務に頑張っていただいた弊社担当‥

 ごくろうさまでした。心から感謝!カンシャ!!です。

susumukobori at 21:57│Comments(3)TrackBack(0)clip!広報 | 仕事

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by フリート   2010年03月09日 23:22
小堀 進さん

大変勉強になります。

また今後ともよろしくお願いします。
2. Posted by 高橋洋文   2010年03月10日 10:40
お寺も将来の経営を考えないと、確かに難しい時代となるでしょうね。
日本人の無宗教化だけでなく、葬式仏教への批判や疑問などもあるでしょう。
死んだ後をどうするかに対して明らかに、かつてとは考えかたが、特に都市部では顕著に変わっています。
まあ宗教心を持たない、哲学の無い生き方をしてきた日本人そのものが大問題で、だからこんな国になってしまったと思うのですが、お寺さんにとっては大きな問題となりますね。

檀家寺という考えが希薄になりどこでもいいなどと思うものが多いようですから、結局その寺を有名にする、あるいは住職が言わば情報発信をするということが一つの方向性でしょうか。

仏教界も、葬式仏教、形式仏教化していることを反省し、本来の積極的な法話活動を、つまり布教をするべきでしょう。

色々とご活躍で何よりです。成功をお祈りいたします。
3. Posted by 小堀 進   2010年03月11日 14:32
無事、セミナーが終了しほっとしています。
昨晩は何年かぶりの深夜までの打ち上げで、ぶざまにも二日酔いです。
高橋さんがおっしゃるの通りお寺さんの未来もかなり厳しい状況です。特別ご講演をいただいた「お寺の経済学」著者、中島先生も同じご指摘をされておられます。
昨日はこれほど多くのお寺様が危機を抱き始めておられることを実感しました。
しかし、全国7万5千件ある寺院全体からみれば、極めて一部のお寺さんということになります。
荒れた世の中ですので、今こそお寺さんの出番だと思いますので、これからもセミナーを開催することができればと思います。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔