2009年12月31日

お内仏の掃除で締めくくり

091231京都宝ヶ池、冬の山間遠路 京都宝ヶ池、冬の山間遠路

 風が冷たい‥

 手先が痛い‥







 今年もお内仏のお手入れで一年を終えます。

 ご本尊、白檀の阿弥陀如来像も綿棒で御身拭いです。

 如来像は菩薩のように宝冠や装飾品を身につけていません。

 1枚の衣をつけただけでお手入れもカンタン。

 菩薩は修行中ですが如来様は悟りをひらいた人‥

 飾り物も持ち物も要らないのです。

091231如来様御身拭い091231お内仏のおそうじ

















 日本経済は不況の出口が見えてこない。

 仏壇業界も依然として厳しさが増します。



 しかし今、

 テレビ大阪放映の「大空の教室」を観て感動‥

 我々の煩悩がどれほど増え続けてきたことか。

 中国四川省南西部の標高3000mの山岳地帯

 少数民族イ族が必死に生きる貧困の村

 おかずなしでジャガイモを食べる幼い少女

 極貧のなかでくらす唯一の夢は子どもたちの未来

 出稼ぎに出た父が帰ってきた。

 幼い子が父との再会で流す喜びの涙

 父の言葉は、

 ‘勉強しなさい!勉強すれば未来は明るい’

 子どもの未来のために命をかけて働く両親

 貧しくても自信をもって生きていく。

 幼子の言葉は、

 ‘お父さんお母さんいつもがんばってくれて感謝します。’

 せつないほどの親子のきずな、

 イ族の子らの目には希望がある。



 霞む日本の未来ではあるが、

 新しい取り組みに挑戦できる現状に感謝しないと。

 来年のプランがうまくいきますようにと念じ、

 南無阿弥陀仏


 あっ!やっぱり煩悩が・・・

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔