2009年12月16日

感動訪問

お仏壇ハッピーエンド物語のお寺様鈴の音









 プレゼンで使うスタッフからのメッセージ‥

 2分25秒の「お仏壇ハッピーエンド物語−2」のひとコマです。

 --------------------------------------------
 火事でお寺が焼け、新しい本堂が建ちました。

 お仏具を納入のときでした。

 新品の鐘(かね)をたたかれると、
   本堂に“ゴ〜ン”と澄んだ音がひびきました。

 傍にいた奥様は、
   “うわあ〜、10年ぶりに聴く音・・・”

 目に涙をいっぱいため微笑んでおられました。

 そうか〜、私たちがつくるお仏具って、
   涙をながされるほど喜んでもらえるんだ〜
 --------------------------------------------



 このお寺様は、明日講演する三重県の高校の近くです。

 1982年にご納入‥

 晩に現地入りし、失礼を省みず勇気をだしてテレアポ。

 記憶がよみがえるお声‥

 電話にでられたのはお寺の奥様でした。

 ‘ぜひお越しください‥、お待ちしております。’

 満面の笑顔が想像できます。

 27年ぶりの訪問‥

 ご住職様と坊守様おそろいで出迎えくださいました。


 講演や工房見学のプレゼンで毎回使わせていただいていること。

 以前からず〜っと、その御礼と報告をお伝えしたかったのですが、

 やっとです。

 やっと言えました。



 お寺の周囲の景色はずいぶん変わってしまい時間の経過を感じますが、

 納入のシーンは今も鮮明です。

 ご住職様が力強く鈴をたたかれときの様子‥

 坊守様が目に涙をいっぱいためて喜ばれた様子‥


 お二人ともお変わりなくお元気で、ほんとうに嬉しかったです。

 明日の講演で、今日の感動の訪問のことを伝えなくては‥

 ご住職様、坊守様、

 衷心より感謝申し上げます。

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔