2009年11月15日

怨霊の法隆寺

宝ヶ池、小鳥







 腰痛で20日ぶりのウォーキングです。

 歩くと腰痛予防になる?

 私の場合はそうでもなかったようです。

 山間遠路はやめ、平坦な道をゆっくり1時間‥

 宝ヶ池もすっかり秋色です。

京都宝ヶ池 桜の森京都宝ヶ池 菖蒲園











 歩けないかわりに恐る恐る読み出したのが、

 梅原猛さんの隠された十字架―法隆寺論

 どんどんのめりこんでしまう本です。

 なぞだらけの怨霊の法隆寺‥

法隆寺
 誰が、いつ、何のために建てられたのか。

 日本書紀には、焼けたことしか記されてなく、いつ建てられたかがない。

 明治17年、1200年もの間一度も開けられたことのない厨子の戸を開けたフェノロサ、


 その時の僧たちの恐怖、そして表れた救世観音像‥

 643年の山背大兄皇子の事件‥

 塔の中で若き皇子、妃、王子王女の一族が一人残らず死に、聖徳太子一族は全滅した。

 地獄の恐ろしさ。

 そして有名な再建非再建論‥


 今朝の日経新聞に平城遷都1300年祭のことが大きく載っていた。

 来年元旦から1年間、様々なイベントが開催される。

 奈良は混雑するでしょうが法隆寺には足を運びたい。


トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by しゅうげん   2009年11月15日 16:54
桂離宮の灯篭も地の中の部分が十字架になっていると聞いたことがあります。
いろんな信仰が庇護されたり、迫害されたり。紐解けば現代人には不可解な事実が出てくるんでしょうね。
私の寺にも開かずの厨子が一つあります。いつかは開けないといけないでしょうね。
2. Posted by 小堀 進   2009年11月15日 20:23
しゅうげんさんのお寺にも開かずのお厨子があるのですか。
どのような仏様が安置されてるのでしょうか?
外の者が申し上げるのも失礼ですが、怖さと興味津々、そんな気持ちになります。

法隆寺の久世観音が執拗なまで厳重に秘仏とされたのはなぜなんでしょうか。
ミイラのように木綿で巻かれ、開けたら地震がおこり崩壊するという恐怖心をあおってまで閉ざされてきたその理由は。

お厨子が閉ざされてきたことには何か理由があるのでしょうから、その解明を思うとわくわくします。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔