2009年03月29日

聖地の山間園路

宝ヶ池山間園路の上り坂五山「法」でひと休み









 京都宝ヶ池の山間園路

 一緒に行ってみたいという、
 孫のmeiさんと二人でトレッキング。

 ついてこれないのでは‥、
 と、心配していたのですが小学校一年生の体力は予想以上に元気です。

 急な上り坂も早足でどんどん進んでいく。
 こちらの方がついていくのがやっと。

 五山「法」の上でひと休み。

 一人のときは、6.5kmを80分位なんですが、今日は2時間半。

 山道の脇に落ちている草花やまつぼっくりを拾う。
 つくしに触れて“かわいい〜”ってつぶやく。
 何にでも興味がを持って観察をするんですね。
 

 心地よい疲労‥
 しかし気分はサイコー

 山川草木国土鳥悉有仏性(さんせんそうもくこくど しつうぶっしょう)

 春の訪れとともにあたらしいいのちを感じる

 meiさんと歩くつつじの参道はまるで聖地

 娑婆でのストレスなんてたいしたことない‥
 自分の存在を小さく小さく‥

 もっと謙虚になろう。

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 和尚   2009年03月29日 20:45
苦しいとき、辛いときは山の上から景色を眺めるのは良いですね。

自分の悩みがちっぽけに見えます。

山に賢人有りというのは、自然を相手に、長い年月の掛かる仕事をするからでしょうね。

その日勝負の海人との差です。
2. Posted by 小堀 進   2009年03月29日 21:03
今日はほんとうに、和尚さんがおっしゃいますように感じました。
自然の中に入ると、自分の存在なんて、アリのように小さいということ‥
自分の悩みもたいしたことないと感じさせてもらい、救われます。
ありがとうございます。
3. Posted by トリイ   2009年03月30日 12:38
休日に、かわいいお孫さんと過ごされるのは、この世の至福のときですね。

それにくわえて、春を体感できて、羨ましいです。

子供の成長は早くて、去年までは、いつもいっしょだったのが、今年になったら、もはや、一緒してくれるときが激減しました。

だんだん、さみしくなっている今日この頃です。
4. Posted by 小堀 進   2009年03月30日 13:29
明日はわが身ですね〜^^;
トリイさんのお孫さんもそれだけ成長されたということなんですね。
孫が一緒にすごしてくれる今のこの瞬間を大切にしたいと思います。
自分の子どものときは、仕事を理由に放ったらかしでした。反省です。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔