2006年01月02日

お仏壇にお年玉

060102(様に合掌 おしょうがつ、ほとけさまにごあいさつ<孫たちです。>












060102△△叩△としだまだ! あっ!おとしだまだ〜〜〜!







060102ではもう一度なんまんだ〜 もういちど、ちゃんと「なんまんだ〜」しようね!












060102い△蠅とう! じゃ〜、もうもらっていいかな〜、ありがとう!












060102Taku&Aki 26年前はね、お母さんも同じだったんだよ〜!
<左が娘で孫と同じ歳の頃、店のパンフレットです。>

 お仏壇の前にそれぞれの名前を書いたお年玉袋を並べておきます。幼い頃から、手を合わす心が育むようにと以前からわが家に伝わる風習です。

 小さい頃、目に入るのは、ほとけさまよりお年玉!でもいいんです。とにかくお仏壇に手を合わせれば‥・。

 お年玉は「ほとけさまからのおくりもの」、そんな風に思うかな?

 「いつもありがとう」「ごめんなさい」‥、素直に言える純真な心をわすれないでね。

 3歳のMEIさんが「ナンマンダ〜」っていうと、1歳のYOUさんも真似て「ナンナンニャ〜?○×△???」

 二人仲良く、マンマンちゃんアン!

 「は〜〜い、お年玉は!?」・・・、後からママの手がでてしっかりおあずかり!!

 空っぽのお年玉袋をだいじに持つんだよね!中には夢がい〜っぱい入ってるからね!

 合掌で始まるお正月、これで今年もほとけさまがみ〜んなに幸せをくださる。

 合掌 <ナンナンニャ〜!>



トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by キャプテン   2006年01月02日 12:12
うわ〜!!

良いなあ〜!

お仏壇にお年玉。

仏様・ご先祖さんに感謝の気持ちで手を合わせる・・・。

この気持ちを次世代に伝えておられるオスーさんは素晴らしい!!


2. Posted by オスー   2006年01月02日 12:29
キャプテンさん、コメントありがとうございます。
一番下は私の娘と息子の小さい頃です。上の写真3枚は娘の子(孫)です。私も小さい頃はこうでしたが、代々伝えるものがあるっていうことを最近ではありがたいことと嬉しく思います。
3. Posted by あや   2006年01月02日 13:00
お写真みてて、おもわずにっこりしてしまいました。
こうやっていつまでも敬う気持を自然に伝えていくって
素敵な風習ですね〜。お子さん達の後姿がかわいい〜!

こちらの地方では拝むとき、
「ウートートー」っていいます。

ところ変われば、言い方も様々ですが
気持ちはいっしょですね。

4. Posted by オスー   2006年01月02日 13:23
あやさま、いつもありがとうございます。
「ウートートー」ですか?どういう意味なんでしょうね〜?
「ナンマンダ〜」は、浄土真宗のお念仏で「南無阿弥陀仏」です。そうです、気持ちはいっしょですね。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔